ともはる先生@放デイ職員×小学校教師の実践まとめサイトです!

暴れるヤンチャな子を担任した時の対応 〜大事と思われていることをやめてみる〜

2020/03/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

子どものためになっている?

学校には色々な文化があり、それぞれ意味があります。

しかし、意味がある一方、それが合わない子どももいます。

 

よって、「目の前の子どもに合っているか?」という前提を考えることは大切です。合わないのであれば、大事と言われることでも考え直す必要があります。

 

今回は、あえてやめることで効果があった実践を紹介します(^ ^)

 

 

やんちゃなAくん

 

数年前に、やんちゃで有名なA君を担任していました。

口が悪く、手もすぐ出てしまう子なので、トラブルの多い子と前担任から引き継ぎました。

 

私は、初めて会う子に先入観をもちたくないので、「問題児」という偏見をもって子どもを見ないように意識しています。(先生との相性もあるので)

そして4月からA君を観察しました。

 

  • 行動が遅く、準備がなかなか終わらない
  • 1日に4〜5回は喧嘩をする
  • 列に横入りする
  • 暴言を言う
  • 友達を殴ったり蹴ったりする

 

このような様子が見られました。

一方、Aくんも、話せば冷静な判断ができる子でしたが、ついカッとなって、感情制御ができないようでした。

 

そこで対策を1つ考えました。

 

◆あいさつをやめる

それは、「授業の最初と最後のあいさつをやめる」です。

(「これから1時間目の国語を始めます!」というあいさつです。)

 

「そんなこと?」と思われるかもしれません。

しかし、6時間授業の場合、最初と最後の2回あいさつをすれば1日12回あいさつがあります。そして、行動が遅い子は、あいさつのたびに、周りから注意され、クラス全員がいるところで、「遅くてダメな子」と扱われます。

 

あいさつは大事ですが、行動や準備の遅い子が目立ってしまうというデメリットがあります。みんながすぐ行動できるクラスならばいいですが、「学級に1人以上特別支援を要する子が在籍している」と言われる現状を考えると、一律に行うには難しいこともあります

 

現に、A君(その他の行動の遅い子も)がとても目立ってしまい、早くできた子に注意されて、イライラしてノートもまともに書かない現状がありました。

 

◆具体的な対応

なので、授業の最初は「あいさつ」をせず、時間になったら、そのまま授業を始めることにしました。

  • 音読
  • 九九や詩の暗唱
  • 漢字ドリル、計算スキル
  • 都道府県の書き出し
  • 歴史人物の暗記

 

など個人でできる学習をします。周りの子が学習を始めれば、行動の遅い子も気づいて用意します。数分くらいですが、全員準備が完了したら一斉に授業を始めます。

 

授業の最後は、

  • 「まとめを書いた人から5分休みに入ります」
  • 「感想を書いて先生にノートを出した人から中休みに入ります」

のように、全体ではあいさつをしません。

 

 

◆Aくんの変化

 

というわけで、あいさつをやめましたが、単純計算で1日12回叱られるポイントがなくなりました。(これは1年で換算すると2000回以上です)

これだけでA君の行動はかなり変化しました。

  • ノートに意見を書く
  • 宿題を出す
  • 相手の話を聞く
  • あいさつをする

のような変化がありました。

 

クラスの友達も「最近優しくなった」、Aくんの保護者の方からも「最近笑顔が増えました。」と嬉しい言葉をもらいました。

 

終わりに

「あいさつは常識」という考えは理解できます。私も職場に入るときは元気にあいさつをするようにしています。

しかし、クラス全体でやることは考える必要があります。あいさつは個人的なものですし、A君自身も、毎朝元気にあいさつをしていました。(もちろん、子どもたちの気持ちの切り替えに良い、という面もあるので、メリットがあるなら良いです。)

 

また、学校は一斉に動くことが多いので、できない子が目立ちます。

可能な限り、できない子を目立たないシステムを作ることも先生の大切な仕事です。

 

その子の将来のためにならないと考え、厳しくする方もいますが、それは本当に子どもにとって合っている方法なのか、常に考え続ける必要があります。

完璧な人間なんていません。どんな人でも得意不得意があります。

「いいところを伸ばし、悪いところは目立たないように直す。」

という意識は常にもっていたいと思います。

 

以上です!参考になれば嬉しいです(^ ^)

 

=========================

※新刊が出ました!特支オタクの当HP運営者が、学級経営について全力で研究、実践した記録です!

 

※特支オタクの当HP運営者が、特別支援教育の手法を普通のクラスに取り入れてみた実践本の第2版です(^ ^)

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2018 All Rights Reserved.