元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

子どもに怒りそうになったらどうする? 〜教師版アンガーマネージメント〜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

教師版アンガーマネージメント

アンガーマネジメント

 

最近自分の怒りをコントロールする

「アンガーマネジメント」

という方法が流行っています。

それだけ、ストレスやイライラの対処に困っている方が多い、ということでもあると思います。

 

そこで、「教師版アンガーマネジメント」を考えてみました(^ ^)

 

  • 子どもを怒りたくないな〜
  • 最近、余裕がないな〜

という方にみていただけると嬉しいです(^ ^)

 

さて、先生にもストレスを感じる場面があります。

例)

  1. タメ口で話しかけてくる
  2. 授業中おしゃべりが止まらない
  3. 話している最中に、突然横から割り込んでくる
  4. やり方を何度も説明したのにできない
  5. 友達を叩いたのに、謝らず言い訳をし続ける
  6. 注意をしたのに、守らない
  7. 授業に遅れてくる
  8. 友達をいじめる
  9. 避難訓練中におしゃべりをしている
  10. 年上の先生にいちいちダメだしされる

 

「こんなことでは怒らないよ」と感じるかもしれません。

しかし、休み時間もない多忙の中、次々と例のようなことが起こると、つい怒りそうになることがあります。

そんな時どうしたら良いでしょう?

 

アンガーマネジメントには3つの段階があるので、1つずつ紹介します。

①落ち着く

 

イライラを理由に子どもに当たってはダメなので、まずは気分を落ち着けます。

<方法>

◆  6秒間我慢する。

→怒りは発生してからピークが6秒間続くと言われているので、6秒間我慢すれば気持ちは自然と落ち着いてきます。

 

◆  心が静まる言葉を持っておく

→「元気がいい子だ」「大人は大変だな〜」「先生の仕事の始まりだ!」など、自分が気持ちを落ち着かせられる言葉を作って心で唱えましょう。

 

「相手は子ども、相手は子ども・・・と」心で唱えて心を静めている人もいるのではないでしょうか?

 

◆  思考の停止

→イライラを感じたらすぐに何も考えず、目をつむりましょう。

 

考えてしまうと、怒りが暴走してしまいます。

考えなければ、6秒間あれば自然と落ち着いてきます。

 

◆  ものをじっと見る

→「忘れよう、忘れよう・・・」と考えるとかえって頭から離れなくなることもあります。

 

思考を止めるのが難しい場合は、近くにあるものをじっと見ると余計なことを考えなくなります。

ものに集中することは簡単なので、すぐに実践できます。

 

◆  その場を離れる

→教室でイライラしてしまうと、「考えない・・・」と思っても、子どもの方から寄ってくる場合があります。

 

せっかく落ち着いてきても、これでは変わりません。

子どもに「すぐ戻るからちょっと待っててね」といい教室を離れましょう。

落ち着いてから教室に戻れば適切に対処できます。

 

 

2、怒らないことと怒ることに分ける

 

最初の例をもとに、分けてみます。

例)

  1. タメ口で話しかけてくる
  2. 授業中おしゃべりが止まらない
  3. 話している最中に、突然横から割り込んでくる
  4. やり方を何度も説明したのにできない
  5. 友達を叩いたのに、謝らず言い訳をし続ける
  6. 注意をしたのに、守らない
  7. 授業に遅れてくる
  8. 友達をいじめる
  9. 避難訓練中におしゃべりをしている
  10. 年上の先生にいちいちダメだしされる

 

 

アンガーマネジメントの基本は、

「怒らなくていいことは怒らない」

です。

 

先生という仕事で、子どもに絶対に怒る必要のある場面は多くありません。

自分で怒る基準を持つと、それ以外は怒らずにすみます。

 

◆基準を決める

私の怒る基準は、以下の2つです。

◯危険なことを止める場合

◯明確ないじめをしている場合

 

◆分ける

この基準に合わせると、

<怒らない>

1、タメ口で話しかけてくる

2、授業中おしゃべりが止まらない

3、話している最中に、突然横から割り込んでくる

4、やり方を何度も説明したのにできない

5、友達を叩いたのに、謝らず言い訳をし続ける

6、注意をしたのに、守らない

7、授業に遅れてくる

10、年上の先生にいちいちダメだしされる

 

<怒る>

8「友達をいじめる」

9「避難訓練中におしゃべりをしている」

に分けられます。

 

◆怒らないものには対策を考える

分けたら<怒らない>ものには、対応を考えて実践します。

例)

1、タメ口で話しかけてくる

→言葉を教えてやり直しをさせる、事前に指導しておく、意識できるよう掲示物をを作る等

 

2、授業中おしゃべりが止まらない

→授業を改善する、注目させるよう声かけを変える、次の活動に移る等

 

3、話している最中に、突然横から割り込んでくる

→順番を守るよう声かけ、無視をする、事前にルールを作っておく等

 

4、やり方を何度も説明したのにできない

→説明の見直し、個別指導の時間を確保、指導の細分化等

 

5、友達を叩いたのに、謝らず言い訳をし続ける

→事情を深く聞く、事前の趣意説明、個別指導、全体指導等

 

6、注意をしたのに、守らない

→個別指導、全体指導、ルールの見直し等

 

7、授業に遅れてくる

→ルールの確認、授業内容を楽しくする、めあての設定等

 

10、年上の先生にいちいちダメだしされる

→聞くべきことは聞く、関係のない内容はスルー、ひどければ管理職相談等

 

などの対応が考えられます。

自分の行動を振り返り、自分の怒る・怒らないの基準を作っておくことが大事です。

 

対応は個々の先生のやり方でいいですが、いかにトラブルを想定し、事前指導するかが大事かと思います。

また、トラブルは成長するチャンスにもなるので可能な限り、前向きに考えると良いと思います。子どもはぶつかりながら学んでいくことも必要です。

 

 

3、怒り方

 

まず、子どもの行動に対して怒るときは、注意することがあります。

 

1、感情的に怒らない

→先生が冷静でないのに、子どもに正しく伝えることはできません。

 

2、伝わるタイミングで言う

→子どもが泣いたり、怒ったりして話ができない状態で伝えても、効果はありません。

 

3、「NGワード」を使わない。

→子どもに伝えるためには、適切な言葉を使用する必要があります。

例)

NGワード

⑴「決めつけ言葉」

  • 「あなたはいつも〜」
  • 「必ず〜をしますね」
  • 「絶対〜ですね」

など、子どもの行動を決めつけてしまう言葉は、使わないようにしましょう。

 

誰でもミスをするのは「いつも」ではありません。

今までの行いすら否定してしまっては、信頼関係は崩れます。

あくまで今問題になっていることだけ怒りましょう。

 

⑵「なんで?」

  • 「なんで、また〜するの?」
  • 「なんでこんなことしたの?」

 

など「なんで?」は相手を責められていると感じさせます。

責められると子どもは逃げたくなってしまうので、話を理解する余裕がなくなってしまいます。

 

責めるのではなく、「どうすればいいと思う?」と改善する前向きな声かけをしてあげましょう。

 

⑶比べ言葉

  • 「みんなできてるのに、できないの?」
  • 「みんな〜と言ってるのに、やらないの?」

 

など、周りを理由に動かそうと声をかけると、罪悪感や劣等感を持つことになります。

人は得意不得意があります。まして、子どもならできないことがあって当たり前です。

 

怒るべきは本人の行いであり、周りと比較し、できないことを責めてはいけません。

 

終わりに

 

怒る目的はストレスを発散することでも、相手を落ち込ませるためでもありません。

「次からはこうすればいい」ということを理解してもらうためです。

 

子どもは経験が乏しいです。

だからこそ、不適切な行動をした後の先生の対応が上手ければ、子どもは一つひとつ学び、成長することができます。

 

反対に先生が

  • 「何が悪かったのか?」
  • 「次はこうすればいい」

ということを伝えきれないと、同じことを繰り返してしまいます。

 

アンガーマネジメントは「正しい怒り方」を体系化しています。

これを知ることで、子どもへの対応でミスが減り、行動が改善していくと思います。

 

よろしければ参考にしてください(*^▽^*)

 

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.