元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

給食の準備が遅い子への対応

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

どうすれば子供の給食の準備が早くなりますか?

と質問をいただいたので、書いてみようと思います(^ ^)

給食の準備の指導ですが、

  1. 時間の見通しを持たせる。
  2. 配色の仕方
  3. 当番の役割
  4. ほめる

の4つを意識しています。

1、時間の見通しを持たせる

学年にもよりますが、

 

3分で、白衣、帽子、マスクの着用、手洗い、廊下に並ぶ

②12:30までに配膳完了

 

の2つを子供に意識させています。

ただ「準備をしましょう」というと、子供は各々のペースで行います。

最初に見通しをもたせると、動きの遅い子も「もう少し急がなきゃ!」と、頑張ってくれます。

 

 

2、配食の仕方

配膳台に食缶、食器が用意できれば、子どもの後ろに立って配食の指導をします。

  • おたま、しゃもじの使い方
  • 一人分の目安

など、を教えます。

 

最初はゆっくりですが、徐々に慣れてきて、数ヶ月すればスムーズに早くできるようになります。

メニューによって、早く配れたり遅くなったりするので、12:30までに用意できれば合格、としています。

 

3、当番の役割

基本ですが、誰が何の役割なのか、はっきりさせることは大事です。

今何をすればいいかわからないと、迷って動きが遅くなります。

 

そして、自分の役割が終わったら、すぐに着替えて席に着く、ということまで指導をしておきます。

 

4、ほめる

1〜3の指導をしたら、しっかりほめる」ことが大事です。

4月の最初から早く行動した子、あるいは寄り道せず、まっすぐ行動した子もほめます。

 

そうすることで、初めに「給食の準備は余計なことをせず、すぐにやるもの」とイメージをつけます。

また、配食が上手にできたら「上手ですね!」とほめます。

 

ほめずに、ずっと指導ばかりしていると、子どもは嫌になってやる気と共に行動が遅くなります。

 

3ほめて1指導といったところでしょうか。

 

 

なお、1の①の段階で、完全にふざけて3分で準備できない子がいることもあります。

だいたい、やんちゃ君です(笑)

 

その時は、その子を置いて出発します。

すると「ヤベェ!」といって急いでくれます(笑)

 

ただし、その子に指導はしません。

「先生は言ったことは必ず守る」と覚えてくれれば充分です(^ ^)

 

それよりも、真面目に準備をして時間に間に合った子をほめます。

そのうち、やんちゃ君も稀に早く準備をすることがあります。

 

その時に、

「一番だね!準備が早いね!偉いね!」

とほめて、認めます。

 

すると、次から、だいたい1番で準備をしてくれます(笑)

今私のクラスは、やんちゃ男子が一番最初に廊下に並んでます。

「みんな!早く準備して!」

と声もかけてくれます(笑)

 

以上です。

 

1〜3は、よくある指導ですので、続ければ徐々に早くなります。

 

大事なことは4の「ほめる」です。

 

最初はほめていたのに、大体覚えたところで、ほめなくなる先生が結構います。

しかし、覚えたあとこそ、慣れてスピードアップができるチャンスです。

 

 

おそらく秋になれば、スピードも十分習熟してくるので、大きくほめることは減らしていきます。ここはクラスの実態で変えていいと思います。

 

掃除や給食は、授業では身につかない力を鍛える絶好の機会です。

掃除や給食をクラス経営の柱にする先生もいます。

 

ただ、掃除や給食は、子どもにとって「学校のルールだからやるもの」であり、決して「やりたいからやっているわけではない」ということは認識しておくといいかと思います。

どんなに掃除給食の意義を説明しても、本当に意欲をもって取り組む子は少数です。

 

だからこそ、意義を伝えると同時に、真面目にやる子をほめることが大事だと思います。いきなりはできませんが、徐々に変わっていきます(^ ^)

 

小学校教育 ブログランキングへ

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.