元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

まじめで優しい子への対応

2018/05/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

まじめで優しい子への対応

まじめで優しい子

クラスにはまじめで優しい子がいます。

「先生!お手伝いすることはありませんか?」

「〜さんの連絡帳は私が届けます!」

 

周りをよく見て、人の気持ちを感じ取れる子です。

つい

「じゃあお願いね。いつもありがとう。」

と言ってしまいます。

 

しかし、それに慣れてしまうと、何か困った時に

「誰かやってくれない?」

と、子どもたちに聞いてしまいます。

 

当然、優しい子たちは「私がやります!」と言ってくれます。

しかし、私はこの「誰かやってくれない?」は、リスクがあると考えています。

 

気を使ってしまう

自分から「やります」と言ったならいいです。

しかし、「誰かやってくれない?」と、聞いてしまうと、

「もしかして私にやれって言ってるのかな?」

と、強制されている印象を与える可能性があります。

 

子どもは、色々なことを敏感に感じて生きています。

先生に「あの子ならやってくれるだろう」という気持ちがあれば、すぐに気づかれます。

 

実際に私は

「前の先生は、すぐにお願いしてくるから嫌だった」

という話を子どもから何度も聞きました。

 

また、

「子どもは器用だし、優しいとは思うんですが、そのせいで大変な子とばかりペアにさせられて、かわいそうな思いをしてきました。」

という保護者の方からの相談もよくあります。

 

私は、クラスは「子ども全員でよくしていく場所」だと考えています。

なので仕事があれば、役割分担をします。

 

また、急に子どもに手伝って欲しければ、特定の子に偏らないように配慮します。

特に女の子はまじめな子が多いので、損な役回りをしてしまうケースが多いです。

表面上は笑顔でも、心は疲れているかもしれません。

 

終わりに

優しい子は褒めてあげます。

しかし、先生は子どもの優しさ、まじめさを利用してはいけないと思います。

以上です!

 

 

小学校教育 ブログランキングへ

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.