ともはる先生@放デイ職員×元小学校教師の実践まとめサイトです!

【日記】4月19日 作文を豊かにする

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

朝一番に、「カマキリいた!」と虫かごを持って笑顔全開で、教室に入って来ました。

「すごいな〜」と認めつつ、このまま認めてしまうと教室が動物王国になる可能性もあるので「持ってくる時は一言言ってね。」と助言しました。

私の地域では、ヘビ、トカゲ、カメなどを見つけて持ってくる子が普通にいるので、容易に認めると大変なことになります(笑)

 

1、2時間目 生活

子どもの町のお気に入りの場所を紹介して、実際に町を歩いて案内する校外学習に行きました。

近所の公園を目指して歩いて行きます。

 

  • 「あのパン屋さん美味しいよ!」
  • 「ラーメン屋さん行く!」
  • 「あそこによく黒い服の変な人がいる!」

 

なんだか不安な情報も混じりつつ、いい天気の中楽しく勉強できました。

 

なお黒い服の人は自治会長さんでした(笑)

 

中休み

町の散策で疲れたのか、一部の子以外は教室でぐったりです。

私もゆっくり子どもと談笑しながら、過ごしました。

 

3時間目 国語

「春を感じたもの」というテーマで作文を書きました。

 

1・2時間目の思い出を振り返りつつ書きます。

一人ひとりの文章を評定しつつ

  • 色や様子
  • 匂い
  • 触った感じ

などの五感を入れると文章が豊かになる、という指導を入れました。

 

4時間目 算数

たし算では、前の数(たされる数)と後ろの数(たす数)を交換しても答えは同じ、という交換法則を学びました。

一見当たり前のことですが、意外とわからない子もいるので、大事な授業です。

 

また、たし算には、「合併」と「増加」の2つの場面があります。

 

例)

4冊の本と5冊の本を合わせます。

→「合併」

列に3人並んでいます。後から5人きました。

→「増加」

この2つは同じようで式にすると、違いが出ます。

 

合併は前後を交換しても問題ありません。

ただ、増加の場合はどちらの数が「たされる数」か「たす数」なのかで、立式が変わります。

 

このような文章題の場面把握が適切にできると、日常生活での応用もできます。

世間では、このような式の順番はどうでもいいと見られがちです。確かに数の感覚が優れている算数の得意な子には、必要性が理解しにくいことはあるかもしれません。

 

しかし、算数の苦手な子が日常生活でも応用するためには、この場面把握の理解が非常に重要です。

当たり前のことを当たり前のようにできるようにする、というのとても大切です。

 

昼休み

次の時間の授業準備をしてから、校庭で一緒に遊びます。

朝あれだけ歩いたのに、遊べるあのパワーはどこからくるのでしょう(笑)

 

5時間目 音楽

リズム(拍子)を意識して、歌を歌ったり踊ったりしました。

久しくやっていなかった音楽ですが、やはり楽しいです(^ ^)

 

昨年の先生は、オルガンを軽やかに弾きながら授業をやっていたそうなので、「なんでオルガン使わないの〜?」と散々聞かれます。私が唯一覚えているのは「森のクマさん」だけです。(笑)

 

「去年の先生は音楽のプロなんだよ!すごい先生に当たってよかったね〜」とごまかしてしまいました(^ ^)

大学時代必死に覚えましたが、実際に教員になると音楽の専科の先生がいるので、あまり弾く機会がありません。

(私の地域だけかな?)

 

ピアノが弾けなくても綺麗な歌声で歌えなくても、授業の組み立てと、指導事項を学べば、音楽の授業はできますので、教員志望の人も抵抗を感じることなく頑張って欲しいと思います。

 

帰りの会

給食の時間にさりげなく食器を直していた子を褒めました。

真面目な子の優しい行動を一つひとつ見つけて認めていきます(^ ^)

 

======================================

※縁あって本を出させていただきました(^ ^)

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2019 All Rights Reserved.