ともはる先生@放デイ職員×小学校教師の実践まとめサイトです!

【日記】4月25日 小さな声で指示を通す

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

健康診断

小学校の4月は、健康診断の季節でもあります。

身長体重、視力、眼科検診、歯科検診など、色々な診断があります。

そんな中、今日は聴力検査があったので、検査の場所まで移動しました。

 

当然授業中なので、静かに移動をします。

しかし、保健室に着く頃にはざわざわしています。

 

静かにするように指導の必要があります。

 

しかし、先生が大声を出すわけにはいきません。

大声で「静かにしなさい!」と、注意をすれば

「先生が一番うるさい!」

となります。

 

どうしたらいいでしょう?

 

◆静かにさせる声かけ

色々方法はありますが、

私は「しゃべった人は立ちましょう。」と静かに言いました。

 

そして、すぐに姿勢を正して静かになりました。

指示はいかに「自分のこと」だと感じてもらうかがポイントです。

 

ざわざわしている時に「静かにしましょう。」と言っても、みんな話している状態なので、「自分のことを言われている。」とは感じません。

 

  • 「しゃべっている人」→自分だ。
  • 「立ちましょう」→やばい!立つのは嫌だ!

 

という流れで、大声を出さなくても指示が通ります。

 

ついでにピン!とした良い姿勢になります。多分緊張感もあるのかと思います。

指示は「自分のことだ!」と感じるように言えば、伝わりやすくなります。

 

感情的に声を出すのではなく、わかりやすく、伝わりやすい言葉を工夫することで、子どももスムーズに動けて、ストレスなく行動することができます。

 

終わりに

些細なことですが、指示一つでも、どう言えば子どもが動きやすいのかを考えることで、クラスの雰囲気も変わります。

一つの方法ですが参考になれば幸いです(^ ^)

 

======================================

※縁あって本を出させていただきました(^ ^)

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2019 All Rights Reserved.