ともはる先生@放デイ職員×小学校教師の実践まとめサイトです!

「だって!」は「俺は悪くない!」という意味なのか?

2019/07/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

嫌いな言葉

子どもの「だってあいつもやった!」という言葉が嫌いな大人は多いです。

これは、「あなたが悪いことをしたのに、反省しないで人の責任にするなんて許せない」という思いがあるからです。

しかし「だって!」は決して「俺は悪くない!」という意味ではなく、「俺の話を聞いてよ!」という意味の言葉です。

 

話を聞く大切さは理解していても、つい大人は子どもに意見を押し付けがちになります。

しかし、子どもが話している時に「でもね」「それはね」と大人が意見を述べるのは「話を聞いてない」ということです。

「だって!」という言葉を聞いたら、まず落ち着いて子どもの意見を最後まで聞きましょう。

 

その後

そうして、言いたいことを全て言わせた後に、「どうすればよかったと思う?」と考えさせたり、「こんな方法はどう?」と提案してみるといいでしょう。

 

「こうしなくちゃだめ!」と人に押し付けられた納得感のない方法は、次に生かすことができません。

しかし、子ども自身が主導権をもって納得して決めた方法であれば、次に生かすことができます。

 

大人はイライラするかもしれませんし、頭に血が上ってしまうこともあるかもしれませんが、我慢して話を聞いて子どもの成長を優先して行動してみましょう(^ ^)

 

=====================

※縁あって本を出させていただきました(^ ^)

=====================

発達障害の基礎知識と具体的な子どもの支援・対応を学ぶ研修会を開催しています(^ ^)

◆第1回発達支援研修会 〜発達障害の支援理論と具体的対応〜 【一般社団法人こども発達支援研究会】

発達障害の基礎知識と、個別対応、集団指導中の対応がテーマの会です(^ ^)

8月4日(日:渋谷)→申し込みページへ移動

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2019 All Rights Reserved.