ともはる先生@放デイ職員×小学校教師の実践まとめサイトです!

WATCHA合宿感想 〜全国の先生と過ごした2日間〜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

WATCHA合宿 感想

全国の先生方と2日間合宿をしてきました。

授業、特別支援、学級経営、アイスブレイク、LGBT、教育観、など時間を忘れてお話をさせていただきました。

その中で、特に印象に残った話をまとめました。

 

①LGBT

性的マイノリティについて知らないことが多かったので、詳しい方々のお話しを聞けたのが、今回最も勉強になったことです。

 

私自身、過去に自分のことを「僕」と呼ぶ女の子に「『私』でしょ」と深く考えないで声をかけてしまった経験があり、あの時女の子が何を考えていたのかと考えると後悔の念があります。

 

私自身は「障害」という分野を専門にしている身ですが、それは少数派(=マイノリティ)のあり方を考えることが、今の社会を次の段階へ進める手立てだと信じているからです。LGBTは障害とは異なりますが、社会的少数派としてのあり方を現在模索している段階です。だからこそ、これも社会を進化させる一つのきっかけになると信じています。

 

もっと勉強したいことが増えました。

 

②学級経営の話

  • 子供たちをどう繋げていくのか?
  • 学級経営の見通しの持ち方
  • 行事の位置づけかた
  • 子供にどう自治をわたしていくか

という学級づくりについての話をたくやさんと、時間をかけて学び合うことができました。

 

私自身、自分なりの方法論はありましたが、実際の実践を元に細かく検証し、理論立てることができましや・

先日書いた2冊目の著書で、学級づくりの理論、方法をまとめた経験が再度ブラッシュアップされたので大きな収穫でした。

 

③模擬授業

今回、色々な方の模擬授業を見させていただきました。

 

専門性の高い方の授業は、方法論を超えて「好き」という思いがそのまま授業の質に転化していました。

  • 駅の広告で授業を考える
  • ホウセンカの授業は、悔しいくらい熱中
  • 踏み絵に見入る

 

これは、方法論を超えたところにあるマインドの部分が、大きく影響するということを再確認できたので、良い経験でした。(私も特別支援にかける思いも、もはや「趣味」「楽しい」という領域に入っていることもわかりました笑)

 

「教師が楽しい授業は、子供も楽しい」という部分はもっと意識していこうと思います。

 

そのほか

合宿中、「特別支援について詳しくなるにはどうすればいいですか?」とよく質問されました。

私が詳しいのかは別として、この質問には最近「ググってください」と答えています。

 

これは私が何も知らなかった時期にずっと繰り返してきた方法です。

 

例えば、目の前の子で困っている子がいれば、そのまま検索してみます。

 

そして、授業を飛び出してしまう子であれば、「授業 とびだす子 原因」など調べると、いくつものページが出てきます。そうしてページを辿っていくと「ADHD 衝動性」「自閉症 感覚過敏」「LD 特性」など、いくつもキーワードを得ることができます。また、ネットだけで、わからなければ、キーワードを元に、専門で紹介している本を探して読みます。

 

そうして得た情報から対策を立てて、目の前の子供に関わってみます。すると、効果のある部分と無い部分がわかります。

そうして、効果のあることは取り入れ、無い部分は再度ネットで調べて情報収集をして、本を読んだり、専門にしている大学の先生などに会いに行ったりして、次の関わり方を考えます。

 

そうして、

子供→分析→ネット→本・専門家→対策→子供→分析→・・・・

とPDCAを繰り返していくことが、専門性を高めるには、一番良かったと思います。

 

知識から出発しても、現場の課題に適応できなければ、意味がありません。

まず、現場の課題からスタートして調べていくことが、一番専門性を高めるには良いと思いました。

 

そのほかにも、「スクールカーストを壊し方」や「新時代の教員のあり方」などたくさんの話ができたことが面白かったです。

大変良い経験でした(^ ^)

 

 

 

=====================

※第2版が販売開始しました(^ ^)

=====================

発達障害の基礎知識と具体的な子どもの支援・対応を学ぶ研修会を開催しています(^ ^)

◆第1回発達支援研修会 〜発達障害の支援理論と具体的対応〜 【一般社団法人こども発達支援研究会】

発達障害の基礎知識と、個別対応、集団指導中の対応がテーマの会です(^ ^)

8月4日(日:渋谷)→申し込みページへ移動

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2019 All Rights Reserved.