ともはる先生@放デイ職員×小学校教師の実践まとめサイトです!

「さっき約束したでしょ!」は約束してる?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

よくみる光景

こだわりの強い子が遊んでいる時に、先生が「5分後にお片づけしようね」と言って、5分後に片付けないので「さっき約束したでしょ!」と叱る。

このような場面を何度も見た経験があるが、まず持って気づかなければいけないのは、その子は「約束はしてないし、了承もしていない」ということ。

 

例えば、キャパを超えた仕事中の部下に「あと、10分で仕事を終わらせろ!」と言っても、部下は「できない!」としか思わない。

叱られたら「当たり前でしょ!」と反発するだけ。

 

同様に、大人からの約束は子どもにとっては「提案」です。

それが守られないから叱る、というのはただの「理不尽」です。

 

わからないなら・・・

もちろん、大人も対応がわからないゆえの行動というのは理解できる。

だからこそ必要なのは試すこと。 例えば 、

 

  • 片付けをしたら、好きなyoutubeが見れる
  • もし切り替えに30分かかる子なら、35分前に「終わったら片付けてね」と約束する
  • お迎え前は、片付けのない遊びにする

 

などでもいい。

 

その子に「片付け」を教えたいのであれば、その子の特性に合わせて、できるやり方を考えること。

人は基本的に「成功した行動」しか身につかない。

叱って行動が定着するのは「叱られると動けて、成功できる子」 だけ。

 

叱ったり、事前の約束が入らないのであれば、その子にとっての成功体験を積める、それ以外の方法を試す必要がある。

そうしなければ、いつまでも「片付けをできなかった」という経験を積むことになる。

当然、年齢を重ねてもできないままです。

 

支援は知識とトライ&エラーです。 「約束したでしょ!」と言って、自分のやり方に合わせようとしてはいけません。

 

=========================

※第2版がでました(^ ^)

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2019 All Rights Reserved.