ともはる先生@放デイ職員×小学校教師の実践まとめサイトです!

わがままな性格で時計の電池を抜いて隠してしまう子

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

わがままな子

放デイの職員から、

「わがままな性格で、置き時計の電池を抜いて隠してしまう子(Aくん)がいる」

と言われたので教室にいって見てみました。

 

療育の様子を後ろから見ていると、確かに近くにあった時計の電池を抜いてポケットに隠してしまいました。

職員が注意しますが、「うるさい!」と言って抵抗しています。

 

よく見ると・・・

その後の見ていると、

  • 途中で大声を出す
  • 遊んでいる子たちに「うるさいんですけど!」と怒る
  • 流行りの歌を歌い出す

などの様子があり、物音にはすぐに反応して、目線をむけていました。

 

どうしたか?

すぐにわかった方もいると思いますが、これらの様子は聴覚過敏の子に見られる行動です。

 

なので私は、時計を子供の視界に入らない離れた場所に置きました。

そして「時計はもうあっちにやったから電池返して」と言うと、「ナイスだぜ!」と言って返してくれました。

 

その後は、多少のお喋りはありつつ、課題を終えることができました。

 

なぜ気づかない?

その子は自閉症という診断もありましたが、同時に知的の遅れなども併発していました。

なので、知的な遅れが原因の行動なのか、聴覚過敏による行動なのか分かりづらかった、ということです。

 

「聴覚過敏」という言葉を知っていても、それを目の前の子に適応して考えることができるのか?

というのは、別の問題です。

 

例えば、

聴覚過敏の子の中には、Aくんのように大声を出してしまう子がいます。

これは耳に入ってきた音を自分の声でかき消そうとして大声を出してしまうという意味で、実はよく見られる行動です。

 

しかし、「聴覚に過敏があるのに、自分で大声なんか出せないだろう」と単純に考えてしまうと見過ごしてしまいます。

療育後は、職員とフィードバックして、今後の対応を話し合いました。

 

終わりに

今は特別支援教育・療育の視点が現場に入ってきて、どんどん現場の質が上がっています。

しかし、まだまだ知識先行で伝わっており、現場で使える知識にまでなっていない印象です。

(私もまだまだです!)

 

今後も、専門知識と現場で使えるレベルまで落とせるように、職員と勉強を続けて行こうと思います!

以上です!

 

=========================

※新刊が出ました!特支オタクの当HP運営者が、学級経営について全力で研究、実践した記録です!

 

※特支オタクの当HP運営者が、特別支援教育の手法を普通のクラスに取り入れてみた実践本の第2版です(^ ^)

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2019 All Rights Reserved.