ともはる先生@放デイ職員×小学校教師の実践まとめサイトです!

パニックになりにくい子の特徴

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

パニックになる子

子供を育てていると、パニックになっている子に対応する瞬間がたくさんあります。

 

  • 喧嘩をした
  • 嫌なことを言われた
  • 自分の主張が通らない

 

成長中の子供たちにとって、時には爆発してしまうことは、誰にでも起こりうることです。

 

パニックになりにくい子

逆にパニックにならない子にはどんな特徴があるのか?

 

これは、

「嫌な体験をした時に何を言えば良いか理解している子」

はパニックになりにくいと言われています。

 

これは嫌な体験をした時に、その気持ちを切り替える方法がわからないと、ストレスが行動(=パニック)として噴出してしまうからだと言われています。

 

  • テニスで試合に負けても、コートの淵に立って相手に一礼して握手をして去る
  • ラグビーで負けても、ノーサイドにしてお互いをたたえる
  • 相撲で負けたら、一礼して土俵から去る

負けた後に、次に何をすればいいかわかっているからパニックにならなくて済むわけです。

(逆に、負けた後の行動があんまり決まっていないスポーツなどでは乱闘が起こるイメージがありますが・・・)

 

子どもと遊ぶときに

では、子供が遊ぶ時はどうなのか?

例えば 嫌な体験をすると「なんでだよ!!」と叫んでたびたびパニックになっていた子がいました。

このような子に、負けて悔しい時には、どう言えばいいのかを教えていきます。

 

「 なんでだよ!! 」(パニック)

「 絶望〜 」(大声)

「悲しい… 」(小さい声)

「ですよね〜 」(笑顔)

 

と負けた時の言葉を徐々に教えていくとパニックが減っていきました。

なお言葉は子供が言いやすい言葉からチョイスをしているので、どうしても変な言葉が間に挟まってしまいます(笑)

 

終わりに

言葉を教えることは、子供の成長の中でとても重要です。

また、嫌なことがあっても、自分なりに気持ちを抑えるライフハックとしても有効になると思います(^ ^)

 

=========================

※新刊が出ました!特支オタクの当HP運営者が、学級経営について全力で研究、実践した記録です!

 

※特支オタクの当HP運営者が、特別支援教育の手法を普通のクラスに取り入れてみた実践本の第2版です(^ ^)

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2019 All Rights Reserved.