ともはる先生@放デイ職員×小学校教師の実践まとめサイトです!

褒められるのを嫌がる子への対応  〜文化アプローチとソーシャルスキル〜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

褒められると嫌がる子

思春期になると褒められると嫌がる子が増えてきます。

先生に褒められても「目立つからやめて!」と嫌がったり、大人そのものへの不信感がたまっているケースもあります。

 

こんな時どう対応しますか?(^ ^)

 

子ども同士で褒める

 

様々な対応がありますが、基本は子ども同士で褒める文化を作ると良いと思います。

大人から言われたら嫌な顔をしても、友達であれば、自然と受け入れることができます。

 

友達同士で褒める文化を作ることで、

  • 承認場面が増える
  • 自己肯定感が上がる
  • 穏やかになる

とプラスの相互作用が増えていきます。

 

褒めるのが苦手な子

このような友達同士で褒める文化を作りたいと思った時に、意外とネックになるのが「褒めるのが苦手な子」です。

無邪気に友達を褒めてくれればいいですが、

  • 少し捻くれている子
  • 自己肯定感が低い子
  • 他人とうまく関われない子

など、そもそも友達や他者に対して積極的でない子は「友達を褒める」という行為が苦手です。

 

また、「自分が褒められて嬉しくない」という状態になると、

「相手を褒める」=「相手に嬉しくないことをする」

という方程式も成立してしまうので、なかなか友達を褒めなくなる子もいます。

 

そのような子にどう教えればいいでしょう?

 

「先生も褒めなさい!」

 

教え方は色々ありますが、「友達のいいところを褒めることは大切ですよ(^ ^)」と直接教えて行動できる子はいいでしょう。

 

一方で、先生のアドバイスを受けても行動しない、あるいは受け入れない子も多いです。

そのような子には私は、「先生も褒めなさい!」というワードを使います。

 

例えば、

先生「Aくん、髪型変えた?似合ってるね」

Aくん「うん・・・」

先生「・・・先生も褒めなさい!」

Aくん「どういうこと?」

先生「人がなんで褒めるか知っているか?」

Aくん「・・・知らない?」

先生「自分も褒めて欲しいからです!自分の褒めて欲しいとこに気づいてくれないから、褒めて話題に出してるんだよ!だから、褒められた時は『先生もかっこいいですね!』って返してあげると喜ばれるんです(^ ^)」

Aくん「そういうもん?」

先生「そういうもんです!褒め返してあげような(^ ^)」

 

というような会話をして、「褒め返す」という行為の大切さを教えます。

元々自己肯定感の高い子は、友達を褒めたり認めたりすることに抵抗は少ないです。

 

よって、褒めるのが苦手な子に「褒め返し」という方法を教えてあげることで、集団内の承認場面が今までの倍になるので、空気がどんどん変わっていきます。

 

終わりに

このようなソーシャルスキルは小さな技術ですが、交流場面が減っている現代では、身につけないまま成長する子は増えています。

 

よって、大人からコツコツ教えてあげることが大切なります。

一例ですが、参考になれば幸いです(^ ^)

 

 

【第5回発達支援研修会 〜発達障害と不登校〜】

申し込みHPへ移動

 

第6回発達支援研修会 〜発達障害と最新の話題〜

 

申し込みHPへ移動

 

=========================

※新刊が出ました!特支オタクの当HP運営者が、学級経営について全力で研究、実践した記録です!

※特支オタクの当HP運営者が、特別支援教育の手法を普通のクラスに取り入れてみた実践本の第2版です(^ ^)

 

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2020 All Rights Reserved.