元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

「学級閉鎖」する時の対応

2018/05/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

「学級閉鎖」する時の対応

恐るもの

この時期、学校の先生が恐れるものは、

「学級閉鎖」

です。

インフルエンザなどが流行るこの時期は、一人感染すると一気に広がるので厄介です。

小学生は免疫力もまだまだ弱いので、なおさらです。

 

ちなみに、私の学級、学年は学級閉鎖の危機に直面しています。

なので、本日色々「学級閉鎖」に備えて準備をしたので、そのことについて書いてみます。

 

学級閉鎖準備

 

人数確認

まず、感染している子どもの人数確認です。

一般的に、クラスの2割以上が感染したら学級閉鎖を考えます。

(30人のクラスなら6人以上)

また原因が不明でも、38〜9度の高熱などであれば、感染の危険ありと判断することもあります。(最終的な判断は管理職が行います。)

 

感染拡大防止対応

また、感染拡大を防ぐため、

  • 手洗い、うがいの徹底
  • せき、くしゃみは手のひらではなく、腕など感染しにくい場所にする
  • 定期的に窓を開けて換気する
  • 給食は班で食べることはせず、みんな前を向いて食べる
  • 少しでも体調の悪い人は、早めに帰宅させる
  • 教師と子ども全員にマスクをさせる
  • 保護者、地域の方へお知らせのメール配信

などの対応をします。

 

関連行事中止

その後、

  • クラス合同の授業
  • 朝会
  • 集会
  • 避難訓練
  • 異学年交流

など感染が広がる可能性のあることも中止します。

 

お知らせ

さて、ここまでしても残念ながら学級閉鎖は避けられない場合は、追加で

  • 学級閉鎖のお知らせ
  • 閉鎖期間中の課題プリント
などを用意します。

子どもへの注意

 

また子どもには、

 

閉鎖期間中は外出しないこと

習い事や学童などもなるべく避けること

を伝えます。

「決して学校を休めてラッキー」とはしません。

 

また、閉鎖が金曜日に重なる場合は

「上履き」「給食白衣」「体育着」などを持ち帰らせます。

 

終わりに

以上。こんな準備、打ち合わせを行いました。

 

学校は病院と並んで感染が拡大しやすい場所です。

また、休みの子が多いと、無理に授業を進めても後からフォローをする子が多くなり大変です。

 

ある程度は仕方ないと割り切り、感染が広がらないよう対処しましょう。

まだまだ寒い季節は続きますが、子どものためにも、まず先生自身が体調管理を徹底していきましょう!

以上です!

 

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

小学校教育 ブログランキングへ

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.