元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

引き算のやり方:減加法と減減法

2018/05/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

引き算のやり方:減加法と減減法

13−9のやり方?

「13ー9」の引き算のやり方を教えます。

大人は瞬間的に計算できるので、あまり意識しませんが、初めてやる子供に説明すると意外と難しいです。

やり方

主に、減加法減減法2つの方法があります。

 

◆減加法

 

  1. 13→「10と3」に分ける
  2. 先に「10−9=1」をする(減)
  3. 1と残った3を足す。「1+3=4」(加)

 

  • 13ー9
  • (3・10ー9)
  • (3+1)
  • (4)

 

◆減減法

 

  1. 9を「3と6に分ける」
  2. 分けた3を13から引く「13ー3=10」(減)
  3. 残りの6を引く「10−6=4」(減)

 

  • 13ー9
  • (13ー3・6)
  • (10ー6)
  • (4)

 

 終わりに

一見簡単な引き算ですが、子供によって考えやすい方法があります。

 

教科書には、減加法が掲載されていることが多いです。もし子供に合っていないのであれば、減減法の方が理解しやすい場合もあるので、試しに教るのもいいかと思います。

 

どんな子供が来てもいいように、引き出しがいっぱいな先生だと子どもも嬉しいですよね(^ ^)

参考になれば幸いです!

 

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.