元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

褒められるのが苦手な子にどう対応する?

2018/05/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

私は「ほめて育てる」主義です。

しかし、世の中そうではない人もいます。

例えば、

  • 「ほめるのは相手を下にみてるんでしょ」
  • 「大人に都合の良い子を育てようとしている」
  • 「ほめられると気持ち悪い!」

という考えの人もいます。

教育では「ほめる」ことは大事と言われますが、上記の意見も理解できます。

 

では「ほめる」についてどう考えれば良いのか?

そして苦手な子にどう対応すれば良いのか?

 

私個人の意見を紹介します(^ ^)

私は基本、ほめられて気分の悪い人はいないと考えています。

 

ただ、ほめられて

というのは、いると思います。

 

 

例えば、

「すごいね!」「本当はそんなこと思ってないんでしょ!」

「優しいね」「私は優しくなんかない!」

「作文作るの上手だね!」「何かに利用しようとしている?」

と、マイナスに受け取ってしまう人がいます。

 

今まで出会った子の中にも、褒められると

  • 「そんなわけないだろ!」
  • 「すごくない!」
  • 「うるさい!」

と、否定して受け入れられない子がいました。

 

また、ほめられると

「もっと期待に応えなきゃ!」

とプレッシャーになる子がいます。

 

これは、本来は良い体験なのに負の体験になってしまっています。

 

この

  • マイナスに受け取る子

  • プレッシャーを感じる子

に、どう対応すれば良いでしょうか?

 

 

<マイナスに受け取る子>

これは、

  • ほめられた経験が少ない
  • 叱られて育った
  • 厳しく育てられてきた

などの経験から自己肯定感が低下している子に多いです。

「ほめられる」ことに慣れていないため、マイナスに捉えてしまうのです。

 

ここで考えるべきことは、そもそも

「先生はなぜほめるのか?」

ということです。

 

そして私の答えは

「子どもに良い行動を身につけさせるため」

です。

 

良い行動をした時は褒め、悪い行動をした時は叱る

この繰り返しで、子どもは行動を覚え成長していきます。

 

では、褒められるのが苦手な子はどうでしょう?

「個性と捉えて受け入れる」という考えもあります。

 

ただ私は「褒められるのが苦手」は社会で生きていく上で困難さを生む壁になり得る、と考えています。

 

なぜなら、「褒められる」→「嬉しい」というのは人として基本的な感情です。

この基本が不安定だと「愛着」や「信頼関係」を形成できず、精神が不安定なまま成長する可能性があります。

 

よって、

「良い行動」→「褒められる」→「嬉しい」

このプロセスを自然に受け入れられるようにしておくのは、教師として大事だと思います。

 

では具体策ですが、

「自己肯定感を上げる」

という取り組みが良いと思います。

 

ただ「褒められる」ということが自己肯定感につながらないので、

「成功体験を積む」

という取り組みを大事にします。

 

「できた!」という体験で得られた自己肯定感は、確実に子どもに入ります。

そして成功体験と同時に褒めます。

最初は嫌がっても、成功体験を積むうちに、素直に受け入れられるようになります(^ ^)

 

このように、マイナスに受け取る子には、

成功体験→自己肯定感の向上→褒める

というステップが大事です(^ ^)

 

「学校で教えていること、それ自体が良いことではない」という意見も一部ありますが、

「いじめをしない」「成長を楽しむ」「計画的に取り組む」「家族を大切にする」「自分で考える」

など生きていく上で大事な力はたくさんあると思っているので、良い行動の中身については今回は扱いません(^^;;

 

<プレッシャーを感じる子>

では「褒めるとプレッシャーを感じてしまう子」はどうでしょう?

褒められても「もっと頑張らなきゃ!」と重荷に捉えてしまうのであれば、良い行動を覚える前にストレスで潰れてしまいます。

 

ここで前提の話ですが、そもそもなぜプレッシャーを感じるのでしょう?

 

これは教える側の「褒め方」の問題かと思います。

例えば、

結果を褒めていると、子どもは結果にこだわるようになり、過程の大事さを感じなくなります。

「100点なんてすごいね!」と言えば、「100点」に価値を見出します。

そして次に99点以下なら「失敗体験」となります。

結果を求められていると感じプレッシャーになるのです。

 

一方、

「授業も宿題も頑張って取り組んだからだね!」

と言えば、「テストに向けた取り組み」に価値を見出すので、点数に左右されることはありません。

プロセスを褒めるのはとても大事です(^ ^)

 

 

また、本人に伝わらない褒め方も、子どもにプレッシャーを与えます。

 

例えば、

登校して換気で窓を開けた子がいても、

次の日の朝や関係のないタイミングで褒められると、

「なぜこのタイミングで?」と喜ぶより、疑問をもってしまいます。

 

もし、見た直後に「みんなのために、窓を開けてくれてありがとう!」

と言えば、素直に受け取れると思います。

 

あるいは、

自分の意見を発表した子に「すごいね!」

と褒めても、本人は「何のことを褒めてるんだろう・・・?」

と伝わらず、疑問をもつかもしれません。

 

そこで「『少し似た意見ですが』と、前の人と自分の意見を比べて発言しているのが素晴らしい!」

といえば、何を褒められているのか明確に伝わります。

 

このように「伝わる褒め方」ができているかどうか?は大事です。

 

よく、高学年や中学生では「褒められても素直に受け取らない」という意見を聞きます。

確かに思春期で、素直ではない行動が目立ちますが、基本は褒められて悪い気分にはなりません。(大人と同じです)

しかし「褒めても意味ないから厳しくする」と考えると余計、子どもの心も離れる結果になります。

ここは褒め方を工夫することで、受け入れられるようにする方が良いと思います。

(この「伝わる褒め方」は、次の記事で具体的に紹介します。)

 

 

このように、「プレッシャーを感じる子」には、

  • プロセスを褒める
  • 伝わる褒め方をする

が大事です。

 

 

以上が「褒める」についての私の考えです。

 

 

現場でも「褒める先生」に対して

「嫌われるのが怖いから叱れない」

と思っている人は結構います。

(私も思われている節がありました(^^;;)

 

しかし、私は「褒める」は「子どもを成長させるための手段」であり、

子どもを一番効果的に成長させる方法

だから使っています。

(決して消去法で使っているわけではありません。)

 

「褒めても子どもに響かない」と感じる人は、もう一度「褒める」について見直してみてはいかがでしょうか?(^ ^)

 

 

 

 

小学校教育 ブログランキングへ

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.