元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

【授業案】2年国語「夏がいっぱい」 〜国語力を高める詩の授業〜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

【授業案】2年国語「夏がいっぱい」

詩の授業を面白く

 

詩は、短い中に多くの国語のエッセンスが詰まっています。

読んで流すだけでなくメインで扱ってほしい教材です。

 

春夏秋冬でそれぞれ季節の詩が教科書に掲載されています。

大事に楽しんで扱いたい教材です(^ ^)

 

授業案

①詩写

 

詩を先生と一緒にノートに写していきます。

文章をそのまま写すのは、読解力や書く力の向上に役立ちますので重要な活動です。

 

②音読

先生の後に続いて読む「追い読み」で読んでいきます。

先生のお手本を真似する、という形をとることで、全員が躓くことなく読めるようになります。

その後は、交代読み、間違い読み、タケノコ読みなど色々な読み方で楽しく読んでいきます。

 

③読解

先生「この詩を見て気づいたことはありますか?」

 

子ども「最後が全部『み』で終わります!」

「4文字、4文字、2文字です!」

「最初は夏の話だけど、後ろは関係なくなります!」

 

その他、ゆさぶり発問例

先生「『みんみん なくのは あみ』でもいいですよね」

子「ダメです!上の4文字4文字と関係のあるものじゃなきゃ!」

 

 

詩写した本文に気づいたことを書き込んでいきます。

 

④創作

先生「『〇ま』となる言葉をノートに書きましょう。」(2分)

 

全体発表

→うま・くま・やま・しま・まま・いま・なま・かま(など)

 

 

グループ活動

先生「班で『4文字 4文字 〇ま』で、文を考えましょう。」

(個人で一からすべて考えるのは、難しいので班で考える。)

できたら、班長が前に来て黒板に書く。

 

最後は、できた詩を全員で音読して終了。

 

終わりに

詩は短い分だけ情報量も多いです。

だからこそ、

  • 詩写=聞く、書く
  • 音読=話す
  • 読解=読む
  • 創作=話し合い、書く、言語力

など1時間の中で国語力を高める活動をたくさん入れることができます。

ぜひ、詩の授業を楽しんでほしいと思います(^ ^)

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.