ともはる先生@放デイ職員×小学校教師の実践まとめサイトです!

【授業案】4年国語「一つの花」 〜対比に気付きやすくさせる工夫〜

2019/07/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

4年国語「一つの花」

4年生の物語教材であり、3年生「ちいちゃんのかげおくり」と同様に戦争をテーマにした物語です。

「一つだけ」と言うキーワードによる読解と共に、戦争中と戦後の対比に気づかせたい作品です。

 

本時目標&評価基準

【目標】第三場面について、人物の会話や行動から、登場人物の気持ちや世の中の様子、出来事を読み取ることができる。

 

【評価基準】

  • 読:会話や心情表現,行動に着目し,人物の気持ちを考えている。
  • 書:物語を読み,心に残ったことをもとに書くことを決め,紹介するのに必要なこと(題名・作者・あらすじ・出来事・心に残った言葉や文・感想・考え・作品の特徴など)を選んで書いている。

本時展開

 

最初に漢字練習を10分前後行うので、本時展開は30分ぐらいの内容にしています。

 

①音読

先生「今日は三場面の読み取りでしたね。じゃあ、一度三場面を音読しましょう。」

「立ちます。声を出して1回読んだら座る、座ったら声に出さずに1回読みましょう」

→全員座ったら終了(全員1回読んだことが確認できる)

 

②めあて&読解

先生「めあてを書きます。」

→めあてを板書

 

先生「ではクイズをします(^ ^)ノートに書いたり、メモしたりするのは自由です。」

先生「『おいもや豆やかぼちゃ』これは、上です。」(短冊を掲示)

子ども「?」

先生「『お肉とお魚』は下です。」

子ども「?」「!」

先生「『てきの飛行機とばくだん』これは上です。」

子ども「!」「わかった!」

先生「では、『ミシンの音』は?」

子ども「下!」

先生「もうわかったの?笑」

(その後『包帯とお薬と配給のきっぷ』『買い物かご』『ばんざいや軍歌の声』『スキップ』『一つだけ』『いっぱいのコスモス』を提示し、分ける)

※「一つだけ」は迷うと思われるが、第三場面に「一つだけ」という言葉が出てこないことに気づかせる。

 

 

先生「上と下の違いはなんですか?」

→上は「戦争中」下は「十年後」の確認

 

 

③「プラスですかマイナスですか?」

先生「上の戦争中と下の十年後、どっちがプラスでどっちがマイナスですか?」

→全体で、プラスとマイナスを確認

先生「では、班で理由を考えましょう。」

 

(全体共有→板書)

  • 「戦争中は『ばくだん』とかあって怖いからマイナスです。」
  • 「戦争中は、おいもや豆しかなくて、配給をしていたけど、十年後はお魚とかお肉とか美味しそうなものが普通に買えるようになっているからです。」
  • 「戦争中は、戦争に行く人への『ばんざい』とか『軍歌』怖い音が多いけど、十年後は『ミシンの音』とか平和だなって思います。」
  • 「十年後は、『コスモスの花でいっぱい』だから、なんか幸せだな〜と思います。」

 

 

④「なぜ題名は『一つの花』なのか?」

先生「どうして今西さんは題名を『一つの花』にしたんだろうね?プラスの『いっぱいのコスモス』の方がいいと思いませんか?」

子ども「え〜」「ダメじゃない?」

先生「ダメ?(笑)では、なんで題名が『一つの花』なのか隣の人に理由を言ってください。」

→全体で共有

  • 「『一つの花』はお父さんが、ゆみ子と別れる時に私た大切なものだから」
  • 「最後は1つの花がいっぱいのコスモスになったからだと思います」
  • 「ものがない戦争の話があったから、十年後の平和の良さが伝わると思います」

 

⑤感想&評価

先生「では、第三場面の感想をノートに書きます。話型も掲示しますので使いたい人は使ってください。」

→ノートをもってきた人からチェック&名簿に評価を記入

※展開例

  • 時間があれば、早い人の意見は黒板に書かせる。(苦手な子への参考意見)
  • 時間が残り少なければ、全員書いた班から提出(お互い教え合って書く)

 

 

終わりに

対比は、表現技法として効果的です。

しかし、読むのが苦手な子は注目する箇所がわからず気づけない子も多いです。

 

短冊にキーとなる言葉を抽出して掲示することで、子どもに気づかせたいことを効果的に気づかせることができます。

キーワードを示すことで、感想も書きやすくなります。

 

また、板書をノートに写す手順で進めると、書くことに精一杯になって読解まで頭が回らない子が出てきます。

よって、板書を写すのは自由にすると読解に集中できるので、効果的に読解能力を高めることができます。

書くのは、最後の感想でがんばってもらいましょう。

 

以上です。参考になれば幸いです(^ ^)

 

(参考文献)

 

=========================

※第2版が再販開始しました(^ ^)

 

=====================

発達障害と具体的な子どもの支援・対応を学ぶ研修を開催しています(^ ^)

(現在7/7(日)7/16(火)7/14(水)にて開催予定)

→発達障害児支援研修(HPへ移動します)

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2019 All Rights Reserved.