元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

【授業案】3年生国語「わたしと ことりと すずと」〜一文字にこだわる〜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

【授業案】3年生国語「わたしと ことりと すずと」

一文字にこだわる

 

国語の力は、

「言葉を根拠に考える」

ことで鍛えられます。

 

子どもたちに一文字までこだわらせる国語授業の紹介します。

 

3年生国語「わたしと ことりと すずと」

⓪漢字練習

  • 漢字練習
  • 漢字スキル

 

①音読

<追い読み>

→先生、子どもで交互に読んでいく。

→普通に読む、ゆっくり読む、早く読む、など先生の読み方を変えて、子どもに多様な読み方を教える

 

<間違い読み>

→先生はわざと間違えて、子どもは騙されないように追って読んでいく

 

4〜5回ほど音読して、スラスラ読めるようにする。

 

②読解発問「『みんな』とは誰ですか?」

 

 

<発問「みんなとはだれですか?」>

→ノートに書かせる

 

<「みんな」とは誰かノートに書かせる>

→みんなとは、〜です。(話型)

 

<意見を出す>

子どもの意見を出す

①「わたし、ことり、すず」

②「わたし、ことり、すず、他の生き物」(or「世の中のもの全て」)

 

これ以外が出た場合は、「私はこれだと思う人?」と聞いて、意見が多い2つに絞る

おそらく上記2つが残る

 

<立場を決める>

「①と②どちらだと思いますか?」

「①だと思う人?②だと思う人?」と聞いて、子どもにどちらか決めさせる。

→立場を決めることで、発問に対して主体的に考えることができる。

 

<意見の根拠を話し合う>

教室の前に①、後ろに②の人で集まって話し合う

 

<意見の根拠を発表する>

席に戻り、それぞれのチームの意見を発表する

 

<意見をまとめる>

最後の「わたしと、ことりと、すずと」の最後の『と』に注目する意見を取り上げる。

最後の『と』は並列助詞で使われているので、3者以外の何かが入る

つまり、②が正解

 

終わりに

「言葉を根拠に考える」ことが国語の力を鍛えることに繋がります。

  • 気持ちを考える
  • 感じたことを話し合う

これらの活動は、言葉に対するイメージをつけることは出来ますが、読解の力には結びつきません。

一文字にこだわって、

 

言葉を根拠に考える発問・活動によって、子どもは読解を始めます。

一例ですが、参考になれば幸いです(^ ^)

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.