元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

当番活動が係活動に変わる(低学年の係活動)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

当番活動が係活動に変わる(低学年の係活動)

当番活動

小学校のクラスでは多くの場合、当番活動が設定されます。

当番活動とは、

「学級の生活を維持するた め、教師が意図的、計画的に指導する内 容」 

と定義されます。

  • 給食当番
  • 掃除当番
  • 日直

など、クラス全員で平等に回していくタイプの当番と、

  • 窓当番
  • 生き物当番
  • 黒板当番

など、一人ひとり役割を与えられる当番があります。

「一人一役」が有名ですね。)

「学級運営のためのお仕事」というイメージです。

 

係活動

一方、係活動は

「学級生活を豊かにするために、 自分たちで話し合って係の組織を作り、活動する内容」

と定義され、

「クラスを盛り上げるためにやりたいこと」という自主的な活動になります。

 

これは、クラスを担任の先生は皆さん意識していると思います。

ただ、私が現在担任している、低学年(1〜2年生)では少し違います。

 

低学年は、まだ学校に慣れておらず、係活動のイメージが持ちにくいです。

 

そのため、最初は当番的な活動を割り当てて、その後「やりたいこと」である係活動に変化させていきます。

というイメージでクラスを初めましたが、最近は当番に取り組む中で、子どもたちが徐々に工夫して、活動内容が「係」に移行してきたので、その様子を書いてみます。

 

当番から係活動へ・・・

 

最初は子どもたちは自分の仕事を日々こなすことで精一杯です。

 

そのうち慣れてくると、課題が出たり、新しくやりたいことを思いつきます。

それを否定せず、実践可能な形を助言してあげることで、徐々に「クラスのためにやりたい仕事」である係活動に変えていきます。

 

例えば・・・

◆整頓当番(ロッカーの整頓&掃除の時ゴミ分別を行う)

→ゴミの分別が苦手な人がいる

→じゃあ、わかりやすいようにゴミの分別表を作ろう!

→あと、みんなが楽しんで、ゴミ分別ができるようにクイズ大会をしよう!

毎週クイズ大会を開催!

 

◆図書当番(学級文庫の整理整頓)

→本をもっと読んでほしいな〜

→おすすめの本を紹介したポスターを作ろう!

→どうせなら、面白い学級文庫を増やすために、自分たちで本を作ろう!

 

◆窓当番(休み時間換気のために窓を開ける)

→毎回開けているけど、あんまり目立たなくて地味・・・

→窓をもう少し、面白くしようかな〜

→窓に何かポスターを貼れば、みんな楽しいかもしれない!

→勉強中の九九ポスターを作成して窓に掲示!

 

◆生き物当番(クラスのメダカに餌をあげる)

→毎日餌をあげているけど、メダカに興味をもってもらいたいな〜

名前をつければ、見てくれるかも!

→名前募集のチラシとアンケートを行い名前を決定!

→名前の紹介看板も作った!

 

◆音楽当番(今月の歌のCDを流す)

クラスの歌を作りたいな!

→替え歌でクラスの歌を作成

歌詞カードを作り、原稿を先生にお願いして拡大掲示

→ダンスが好きな子とコラボして振り付けを作成!

 

 

このような感じです(^ ^)

ただの仕事が、「何かしたい!」という気持ちで、アクティブな活動に変わっていきました。

 

  • これを続けていくと、クラスを盛り上げるために、自主的に何をすれば良いか?
  • どんなパターンがあるのか?(発表、お楽しみ会、新聞、ポスター、アンケートなど)

 

を徐々に理解していきます。

 

もちろん最初はできません。

リーダータイプの少数の子どもが活動してスタートします。

それを見て、真似する子が出て・・・と、続けていくと、徐々に広まります。

今では子ども全員が「係」と言える活動するようになりました。

 

当番は「一人一役」形式が有名ですが、日々子どもが

「新しい当番を考えました!」

と、自主的に活動してくれるので、現在私のクラスには30種類の当番があります。(全て子どもたちが考案)

 

そして、当番それぞれに平均3人所属しており、今は一人平均、3つ当番活動をしています。

「一人三役」です(笑)

 

机・椅子の整頓、連絡帳チェック、宿題チェック、プリント配布、宿題配布、窓の開け閉め、教室移動、外遊び、お楽しみ会、朝の歌、学級文庫の管理、黒板管理・・・

もはや、子どもがクラスの維持運営をほぼしてくれるので、私は何もしていません(笑)

この状態なら、来年どんな先生の元でも彼らは活躍できると思います。

 

終わりに

少しマニアックな内容でしたが、参考になれば幸いです!

以上です!

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.