元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

語彙の検討「親友と友達の違いは?」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

語彙の検討「親友と友達の違いは?」

語彙指導

語彙の重要性が次期学習指導要領でも、注目されています。

実際、語彙の量が多ければ、それだけ自分の気持ちを整理する力になったり、相手に説明する力(=コミュニケーション能力)につながります。

 

語彙を増やす手だては色々ありますが、

・言葉に触れる活動

・言葉の意味を考える活動

この2つが適宜行われることで、徐々に増えて行くと思っています。

言葉に触れる活動は、私は現在、読書をメインにしています。

(他にも辞書の活用など色々ありますよね(^ ^))

 

授業中の語彙指導

 

一方、言葉の意味を考える活動は、授業中に行います。

今日は、国語で物語文「お手紙」の読解の中で、

「親友」と「友達」の意味の違いをみんなで話し合いました。

みなさんはどう違うかご存知ですか?(^ ^)

 

ちなみに、辞書的な意味では、

親友=互いに心を許し合っている、特に親しい友達

友達=互いに心を許し合って、対等に交わっている人

(参考:デジタル大辞泉)

らしいです。

 

これも辞書によって定義が違うので、明確な違いはない、とも考えられます。

こんな時に、子供たちは自分たちの意見を交流することで、親友の言葉のイメージを共有することができます。

ちなみに、「親友」の意味を子供にノートに書かせて発表させたら、以下のような意見が出ました。

  • 初めて合った友達
  • 一番仲のいい友達
  • 一緒にいて楽しい友達
  • 昔から仲のいい友達
  • 仲が良くて、放課後一緒に遊ぶ人

(仲が良くて、放課後遊ばないのが「友達」)

  • 家族みたいな存在
  • 友達100人の中で1番仲のいい友達
  • なんでも話せる人
  • 一緒に遊んでくれるお兄ちゃん

などなど、色々出ました。

 

さてみなさんは、子供の意見を聞いてどう思いますか?

違和感がある意見はないでしょうか?

 

話し合い

実際、意見を黒板に書いて行くと、自然に話し合いが始まりました(^ ^)

「初めて合った友達とか、昔から仲のいい友達は『おさななじみ』っていうんじゃない?」

「一番仲がいい、ってあるけど、私の親友は一人じゃないよ!」

「『お兄ちゃん』は、違うんじゃない?家族だよ!」

「小学校で会ったやつでも親友はいるよ!?」

などなど、子供の意見をまとめていくと、最終的に、

 

  • 一緒にいて楽しい友達
  • なんでも話せる人
  • 家族みたいな存在

 

この3つが当てはまれば「親友」だと話し合いは、まとまりました。

(ここから、がまくんとかえるくんは、お互いをこんな風に思っている存在なんだね〜と授業を進めました)

この定義は、子供の意見をまとめたものなので、正解かどうかはわかりません。

(ただ、世間一般の「親友」のイメージにはかなり近いのではないでしょうか?)

 

終わりに

 

今までの経験や生活環境が異なると、子供の中で言葉のイメージがかなり違います。

授業で言葉の意味の共有を進めることで、子供は実感をもって語彙を増やしていけると思います。

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.