元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

子どもが初めてメガネをかけてきた時

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

子どもが初めてメガネをかけてきた時

子どもがからかわれていたら

 

私はおおらか人間なので、あまり叱ることの少ない先生でした。

しかし、それは「叱らない」という意味ではありません。

ダメなことは子どもにダメと教えます。

 

そして、いつもは叱らないからこそ、本気で子どもに指導をすると真剣に聞いてくれます。

そのために、私は必要ないことで怒らないよう手立てを考えていました。

 

メガネをかけている子

 

目が悪い子は、勉強面・安全面からもメガネをかけるのはとてもいいと思います。

最近はメガネをかける子も多く、昔より目立たなくなりました。

 

しかし、やはりメガネをかけると「周りから笑われるんじゃないか・・・」と心配になる子もいます。

 

初めてメガネをかけたAさん

 

初めてメガネをかけてきたAさんの話です。

 

Aさんが落ち込んだ顔をして座っていました。

聞くと男の子にからかわれたとのこと。

 

友達がフォローしてくれてましたが、暗い顔になっていたので指導に入ることにしました。

「気にしないで無視する」ということができればいいですが、子どもは簡単に割り切って行動できません。

 

とりあえず、からかった子の名前を聞きました。

3名の男の子だそうです。

 

これは個別指導ではなく、全員で考えた方がいいことだと判断したのでAさんに、この件についてクラスでお話をしていいか確認を取りました。

 

子どもたちへの話

 

「みなさんは、パラリンピックを見たことがありますか?」

子「見たことある」「テレビでやってた」

 

 

私「パラリンピックには足がなく、義足で参加している人がいます。」

「義足の人を見てみなさんはどう思いますか?面白いですか?」(このときメガネを笑った子Aに、質問しました)

子A「面白くない。」

私「なぜですか?」

子A「だってそれがないと歩けないでしょ。笑っちゃダメじゃん」

 

私「なるほど。では、腕がないため、義手をつけている人もいます」

「その人を見て笑ってる人がいたらどうですか?」

(別のからかった子Bに質問します)

子B「ひどいと思います。」

私「みんなはどうですか?」

子「同じです!」「ひどいと思います!」

 

私「先生もそう思います。世の中には体の問題で道具に頼らなければいけない人がいます。道具がなければ呼吸ができない人、道具がなければ耳が聞こえない人、いろんな人が道具に頼っています。それは、笑えることでも、面白いことでもありません。」

 

「では聞きます、メガネがなければ黒板が見えない子がいます。その子を見ておかしいと思いますか?」

(3人目のCに聞きました。)

 

子C「・・・おかしくないです。」

 

 

私「おかしくないですね。あなたの意見は正しいです。」

「朝、メガネをかけてきたAさんをからかった人がいたと聞きました。」

「誰かは言いませんが、メガネは大事なものです。それをからかうのは許しません。二度とないようにしましょう。」

 

という話をしました。

 

もし話が伝わらなかったら、もう少し続けるつもりでした。

しかし、からかった子は下を向いて気まずそうにしていたので、反省したと考え終了しました。

 

その後、Aさんは何事もなく笑顔でクラスで過ごしてくれました。

 

終わりに

 

子どもは始めてのことは不安です。何がよくて何が悪いのかもわかりません。

ダメなことはダメと教えます。

見過ごすと、それは「してもいいこと」になってしまいます。

 

こんな指導も先生の大事な仕事です。

振り返ると偉そうに語ってて恥かしくなりますが、子どものために立派な先生を演じていきたいと思います(^^)

 

PS:

Aさんはその後メガネが気に入ったようで、カラフルなメガネをかける人気者になりました(笑)

 

 

 

 

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.