ともはる先生@放デイ職員×小学校教師の実践まとめサイトです!

めんどくさがりで動かない子への対応

2021/02/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

同僚からの相談

以前、「めんどくさい」と言って動こうとしない子にした対応です。

1/2成人式が予定している学年の同僚の先生から相談を受けました。

 

その時に、将来なりたい姿の絵を飾るので作成中でしたが、一人全然描かなくて困っているKくんがいました。

 

めんどくさがりで動かないKくん

 

先生が、

「どんな姿になりたい?こんな風になりたい人はいる?」

何を聞いても

「別に〜」

「わかんな〜い」

とスルーし続けます。

無理に描かせたくないですが、本番も迫っているから何とかしたいです。

 

とのこと、「Kくんは夢がなく、ひねくれている、めんどくがりな子」こんな説明でした。

 

◆対策を考える

 

私は休み時間に見にいきました。

確かに

「う〜ん」

「ヤダ〜」

「描きたいものがない」

などと言って、動きません。

 

同僚の先生は「これは?」「こんなのもあるよ?」「何がしたい?」ずっと聞いていました。

 

 

その様子を見て私は

 

1、聞くのをやめる。

2、ネットや図書館から、テーマにある絵を探して子どもの前に用意する。

 

という2つの対策を考えました。

 

 

 

◆実際の対応

 

まず聞くのをやめました。

これは聞くことによって子供が混乱していると考えました。

 

うまく自分の意見を言葉にできない子の中には、

聞かれても答えられず混乱し、答えることを避けてしまう子

がいます。

この子も同じタイプかと思われました。

 

では聞かずにどうするのか?

 

それは「『〜でしょ!』と決めつける」という方法を使います。

参照:

反抗し暴れる子への対応

 

 

実際のやり取りは以下のような感じになりました。

 

私「君がなりたいのは漫画家でしょ!」

Kくん「違うよ」

私「絵うまいよね!」

Kくん「うまくない」

私「じゃあ、パイロットでしょ!」

Kくん「違うよ」

私「サッカー選手じゃないよね!」

Kくん「ん〜悪くはないと思う」

 

この反応が出たので、サッカーの絵を何枚か見せました。

私「こんな感じ?」

Kくん「う〜ん、あっこれいい!」

私「じゃあこれを見本に描いてみようか」

Kくん「うん」

 

というわけで、サッカー選手になりました(^^)

 

◆解説

まず、決めつけるですが、言葉で伝えることが苦手な子どもに、質問すると、うまく答えられず混乱することがあります。

 

だから先生が決めつけることで、Kくんは「あってる/違う」の2択になるので、答えやすくなり、余計な思考を消去法で消していきました。

 

これを繰り返すと思考が整理されクリアになります。

だからこそ、自分の意見が言えるようになります。

 

また、そもそも絵が苦手な子は、絵を描きたくありません。

しかし「上手な絵を見本にしていい」といえばイメージがわくので「描いてみたい!」と思います。

 

学校の先生は「何かを真似して書く」ということに抵抗がある人が多い気がします。

「自分らしい絵を描いて欲しい」との思いからですが、絵を苦手な子にとっては迷惑な思いでしかありません。

 

だからイメージがわくKくんはすぐに描き始めることができました。

それも笑顔で描いていました。

 

終わりに

「めんどくさがりな子ども」と大人は決めつけがちになります。

しかし多くの場合は「うまくできない」からやりたくないのです。

  • 意見が言えれば言う
  • 絵が描けるなら描く

というものです。

 

どんな子も苦手なことがあります。それを支える手立てをもつことで子どもは自分から動きます。変な先入観は持たずに、子どもの力を引き出す方法を考えましょう!

 

一つの方法ですが、参考になれば幸いです(^ ^)

 

 

新刊の案内

※新刊が出ました!特支オタクの当HP運営者が、学級経営について全力で研究、実践してみました(^ ^)

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2019 All Rights Reserved.