元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

オススメの教育書 〜今から教員になる方へ〜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

オススメの教育書 〜今から教員になる方へ〜

オススメの教育書

世の中に教育書はたくさんありますが、本屋に行ったりAmazonのページを見てみても多すぎて何がいいのかわからなくなる人もいます。

今回は「何を読んだらいいんだろう・・・」と迷っている教員志望の方、オススメの本を紹介します(^ ^)

 

◆向山洋一先生シリーズ

圧倒的な授業力と子どもの事実を示して、伝説と言われた向山先生の本は、現場に出る前に読んでおくべき本だと思います。

向山先生のご著書は多いですが、特にオススメするのは以下の3つです。

 

教師修業十年 (教師修業 10)

教師修業十年 (教師修業 10)

「教師とは何なのか、そしてどう生きるべきなのか」その疑問に真正面から答えた本です。

 

新版 授業の腕を上げる法則 (学芸みらい教育新書 1)

新版 授業の腕を上げる法則 (学芸みらい教育新書 1)

授業はどうすれば上手になるのか?全ての教師が悩む疑問に、理論と実践を踏まえた最強に実践的な本です。

授業がうまくいかない時に、この本に助けられた人も多いはず。

 

新版 いじめの構造を破壊する法則 (学芸みらい教育新書3)

新版 いじめの構造を破壊する法則 (学芸みらい教育新書3)

いじめは絶対に見過ごせませんが、同時に最も難しい対応の1つです。

そんな「いじめ」にどう立ち向かい、どう対応すればいいのか極めて具体的かつ有効な方法を紹介しています。

 

 

◆赤坂真二先生の「学級経営」シリーズ

教員志望の方は授業のイメージをもっているかもしれませんが、「学級経営」になると、どうして良いかわからない方も多いのではないでしょうか?

 

スペシャリスト直伝! 主体性とやる気を引き出す学級づくりの極意

スペシャリスト直伝! 主体性とやる気を引き出す学級づくりの極意

 

そんな「学級経営」を専門で研究しているのが赤坂真二先生です。

上越教育大学の赤坂先生といえば、その名を聞かない日がないほど教育メディアで取り上げられている注目の先生です。

今までノウハウのなかった「学級経営」について、詳細に分析し理論立てて紹介しているので、「教師は授業がメイン」と言っていた方も考えを変えることになるでしょう。

 

マンガでわかる! 「気になる子」のいるクラスがまとまる方法

マンガでわかる! 「気になる子」のいるクラスがまとまる方法

また上の本は、初めて学級を担任した先生全員が経験する失敗と、乗り越え方が楽しく実践的に紹介されていますので、非常にオススメです。

両方とも教師になる前に読んでおくことをオススメします(^ ^)

 

◆365日の集団づくりシリーズ

教師となり担任をもつと、その日だけでなく、1年間を見通した視点で授業や学級経営を行う必要が出てきます。

 

学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 1年

学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 1年

「365日の集団づくりシリーズ」は小学校から高校まで各学年の1年間の学級の進め方が、実践的で誰でもできる形で紹介されています。

 

担任をもつ前に1年間のイメージをもてるのでオススメです(^ ^)

 

 

◆前田康裕先生の「教師の学び」シリーズ

熊本大学の前田先生の「まんがで知る 教師の学びシリーズ」は、教師を目指す人にオススメです。

漫画のストーリー仕立てで話が進むので、非常にわかりやすく、また深い学びが得られます。

 

第1巻:まんがで知る教師の学び これからの学校教育を担うために

まんがで知る教師の学び これからの学校教育を担うために

1巻は、各年代の教師が学校でどのような問題に直面し、どう乗り越えていくのかが描かれています。

これは実際に現場で起きていることと非常にリンクしているので、教員志望の人は教員のキャリアのあり方の学びにもなるはずです。

 

第2巻:まんがで知る教師の学び2――アクティブ・ラーニングとは何か

まんがで知る教師の学び2――アクティブ・ラーニングとは何か

新学習指導要領で「主体的・対話的で深い学び」の重要性が取り入れられましたが、その元となった「アクティブラーニング」について、ある学校の校内研修をもとにして話が進みます。

 

「アクティブな授業なんてできるのかな?」と悩んでいる教員志望の方は、一度読んでみるとアクティブラーニングの概要がつかめるはずです。

 

第3巻:まんがで知る教師の学び3━━学校と社会の幸福論

まんがで知る教師の学び3━━学校と社会の幸福論

新学習指導要領示されている「カリキュラムマネジメント」をテーマにした本です。

学校の多忙化、地域との連携、教科横断型の授業をどう形成していくのか?

 

これからの学校に求められる要素が非常にわかりやすくまとめられています。

 

 

◆野中信行先生の「味噌汁・ご飯」シリーズ

まだ教師でない方も公開研究会などで、実際の授業を見ることが可能です。

しかし、多くの公開授業は事前にミスが無いようにしっかり打ち合わせを行うものがほとんどです。

 

日々のクラスが豊かになる「味噌汁・ご飯」授業 国語科編

日々のクラスが豊かになる「味噌汁・ご飯」授業 国語科編

そんな中、野中先生は研究会などの特別な授業よりも、忙しくて時間のない中で行われる普通の授業(毎日食べる味噌汁・ご飯のような授業)こそ、大事にすべきであると主張しています。

 

「味噌汁・ご飯」シリーズでは、いかに楽に質の高い授業を続けていく方法が紹介されています。

授業力の高め方についても詳しく紹介されているので、これから教師になる方にもオススメです(^ ^)

 

日々のクラスが豊かになる「味噌汁・ご飯」授業 算数科編

日々のクラスが豊かになる「味噌汁・ご飯」授業 算数科編

 

◆番外編

教育書ではないですが、読んでおくとオススメな本を紹介します。

 

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

社会人になると、今まで学生の時とは生活が一変します。

特に仕事を抱えながら、趣味や家族と生活を両立しようと思うと非常に大変です。

 

そこで、私自身が社会人を乗り切るための仕事術として最も役に立ったのがこの本です。

中身はノウハウ本ではなく、脳をアップデートするためのトレーニング本のような内容になっています。

この本がなかったら、私はブログどころか仕事もままならない生活だったと思ってます(^_^;)

 

7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!

世界で最も有名なビジネス書の1つが「7つの習慣」です。

世の中の成功者の原則を紹介したこの本ですが、今世の中にあるビジネス書、あるいは経営者セミナーなどはほとんどが「7つの習慣」のエッセンスをもとに作られています。

 

長い人生を生きる上で大きな指針を得ることができるので、ぜひオススメしたい一冊です(^ ^)

 

 

終わりに

 

教育書はたくさんあるので、何を読んでいるかわからない人も多いと思いますので参考になれば嬉しいです。

また、良い本があれば更新していくので、オススメの本があれば教えていただけると幸いです(^ ^)

 

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.