元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

音読をするときのコツ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

音読をするときのコツ

音読が苦手な子

 

音読は学習において基本の活動です。

どの教科でも、教科書や教材の文章があります。

なので、教師が読み聞かせたり、子供が読む時は集中して行う必要があります。

 

しかし、集中することが苦手な子がいます。

つい、手遊びをしたり、椅子をガタガタしたり、窓の外を見たり。

そんな子でも、音読に集中させるコツがあります。

 

一体なんでしょうか?(^ ^)

 

両手を固定する

私が音読をする時に意識することは、両手を活動させないということです。

音読中は、教科書を見て、音読を聞くので、目と耳の感覚が集中しています。

 

しかし、両手を自由にしていると、途中から集中できなくなる子がいます。

何故ならば、両手の指先は神経が多いので、ものを触る・いじるなど別のことをすると、集中力がもっていかれるからです。

 

なので、指先まで含めて音読に集中させることが大事です。

 

◆具体例

具体的には、

子供が読む時

→教科書を両手で持って教科書を立てて音読する

→片手で教科書の後ろを支えて、残りの手でページをめくる

 

先生の読み聞かせ

→読んでいる部分をなぞりながら聞く

→知らない言葉に線を引きながら聞く

 

などです。

  • 目(視覚)
  • 耳(聴覚)
  • 手(触覚)

3つの感覚を音読に使うことで、子供たち全員が集中して参加します。

これは昔からある音読の基本技術ですが、最近の先生の授業では行われていないケースが見られます。

 

終わりに

些細なことですが、積み重なれば大きな違いとなって現れます。

もし音読に集中していない子供がいる場合は、意識すると良いかと思います(^ ^)

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.