元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

宿題の音読には効果があるのか?:⑴学力の向上

2018/05/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

宿題の音読には効果があるのか?:⑴学力の向上

音読は必要?

小学校の勉強といえば音読をイメージする方は多いと思います。

あるいは、宿題で毎日音読を出している学校も多いと思います。

 

私も学習において音読を非常に重視しています。

しかし、保護者の方や、あるいは子供からも「音読って必要なんですか?」と聞かれることは多いです。

 

そこで今回は、私が重視している音読の効果を書いてみようと思います。

 

音読の効果

私が考えている音読の効果は、主に3つです。

 

  1. 文字情報の音声化の能力の獲得
  2. 作業記憶の力の向上
  3. 前頭前野の抑制力の向上

 

1、文字情報の音声化の能力の獲得

読書が好きな方は多いと思います。

 

しかし、大人が本を音読している姿はあまり見かけません。

一体なぜでしょう?

 

こう聞けば、多くの人は「声に出さないでも読めるから」と答えるかと思います。

 

これは「大人は黙読できる能力がある」ということを示しています。

 

では子どもも同じことができるでしょうか?

 

実は、大人はなかなか理解できませんが、子どもにとって黙読は非常に難しい読み方です。

なぜなら黙読は、

 

①文字情報を見る

②脳内で音声化する

③理解する

 

このプロセスが自動で行われる必要があるからです。

 

しかし、子どもは文字情報を見て、脳内で音声化する経験が少ないため、文字を見て自動で音声に変換する力が未熟です。

 

なので、脳内で文字情報が自動で音声化する力を鍛える必要があるのです。

 

よって、国語の授業で、物語や説明文を扱うときは、最初にスラスラ読めるようになるまで音読を行います。

この状態になると、文章が自然と音声化されて読解に力が使えるので、文章理解が促されます。

 

このように、音読をすることで、文字情報の音声化を自動でできるようになり、読解力の向上につながるのです。

 

国語の読解力は全ての学習につながる力ですので、まさに音読の経験を積むことは全ての教科の学力向上につながります。

 

なので、授業で音読をし、家庭でも音読を宿題を出すのは、学力向上に一番効果的という理由があるからです。

 

 

宿題の音読は効果があるのか?:⑵ワーキングメモリの向上

宿題の音読は効果があるのか?:⑶前頭前野の抑制力の向上

 

 

 

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.