ともはる先生@放デイ職員×小学校教師の実践まとめサイトです!

子どもが「バカ!」と言ってきたら・・・

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

子どもが「バカ!」と言ってきたら・・・

12月27日 Otcha‼︎

 

先日、教育おじさん@otcha1227 主催のOtcha‼︎というイベントでお話をさせていただく機会をいただきました。

熱心な先生が70名以上集まり、熱く教育を語る姿は前から見て胸が熱くなりました。

 

講演では、先日出版した著書の概要を紹介しました。

特別支援教育の知識で全員を育てる! ユニバーサルデザイン学級への6原則

本もかなり詰め込んだ内容なのに、それを15分で紹介するという無茶をしたので、疑問が残ってしまった人もいたかと思います。(もう少し余裕をもって、紹介すればよかったと反省)

 

懇親会&忘年会での質問

会の後の懇親会&忘年会では、色々な質問をいただけましたが、特に「感情コントロールの原則」について聞かれる機会が多々ありました。

「感情や状況を言語化することで、子どもの感情制御する力を高める」

という内容でしたが、やはり1分の説明では足りなかったようです(当然といえば当然笑)

 

その中で

「子どもに『バカ』と言われた時に、『本当はバカとか思ってないんだよね。つい思わず言っちゃたんだよね』と言ったら、他の先生に『それは洗脳じゃないか?』と疑問を呈された。これは言語化ではないのか?」

という質問をいただけました。

 

「詳しくは本で!」と言いたいところですが、私の説明不足なので補足説明をしたいと思います。

 

◆補足説明:言語化とは?

 

「感情や状況の言語化」と簡単に紹介してしまいましたが、もう少し詳しくいうと「外から見た様子を言葉に置き換える」ということです。

 

すると、先ほどの例で「バカ!」と言う子を言葉に置き換えると考えた時、「本当は『バカ』とか思っていないんだよね」というのは、外から見えることでしょうか?

 

当然不可能と言えます。

「人の心はわからない」これが、行動科学の前提です。

(もう少し詳しくいえば、「心」や「性格」とは「人の行動の傾向」を指す言葉とされます。)

 

ただし「バカ!」という子を見た時に、何か根拠があるならば言語化は成立します。

例えば、「バカ!」と言う子が手に「ごめんなさい」と書かれた紙をもっていれば、

「本当はバカとか思ってないんだよね。だって紙で『ごめんさい』って気持ちを伝えてくれてるもんね。」

と言語化できます。

 

なので、言語化するべきは「見えている様子」です。

根拠がないのに、「本当は思ってないんだよね」と声をかけてしまうと子どもは

「バカって言ってるけど、僕はバカって思ってないんだ」

と間違った認識をしてしまいます。

これがよく言われる「洗脳」に当たるでしょう。

 

◆どうすればよいか

言語化の話は、外から見た様子を言葉に置き換えます。

なので、例えば「バカだと思ってるんだね」というのは正しい言語化になります。

 

ただし、これだけでは感情コントロールの力は高まりません。

「どう見えているのか?」を、状況に合わせた適切な語彙で表現してあげることが重要です。

 

例えば、

  • 「すごいイライラしているように見えるよ」→子ども「これは『イライラ』って言うんだ!」
  • 「何か嫌なことがあったの?」→子ども「嫌なことがあったと伝えることができるんだ!」
  • 「泣いてるじゃない、悲しいことでもあったの?」→子ども「僕は泣いてて、悲しんでるんだ!」

 

このように、子どもが外から見て「どう見えるか?どう伝わっているのか?」を言葉にすることで、子どもは客観的な認識を得て、自分の行動に意味を見出していくのです。

その結果、感情コントロールの力が高まっていく、と言うプロセスにつながります。

(メタ認知力の向上とも考えることができます)

 

よって、言語化のポイントは

「客観的に見えていることを言語化する」

ということです。

もしよくわからなかった人がいれば、参考にしていただければと思います。

 

以上、補足の説明でした。

質問をしてくれた学生さんには感謝をしたいと思います。

(懇親会でこんな話をつらつらと語られて、さぞ辛かったことと思います笑)

 

終わりに

私は、色々不器用で曖昧なことが苦手な人間です。

しかし、だからこそ1つひとつの出来事や、やりとり関わりに意味をもって捉えようとします。

 

しかし、教育現場では、

「子どもは寄り添えばいいの」「まずは愛情が大事よ」「ガツンと叱ればなんとかなるさ」

このような曖昧な助言、指導がたくさんあります。

 

感覚が鋭い方はいいです。

しかし、私のように理屈やシステムを理解して、はっきりとした考えがあった方が、助かる人もいると思います。

私はそんな困っている人の助けになりたい、そんな思いが再確認できた良い会でした。

 

以上です。

もっと詳しい内容は、以下の著書に書いたのでよかったら参考にしてください。

所見を何度書いても訂正される夢を連日みたほどには、頑張って書きましたのでお役に立てば幸いです(^ ^)

 

 

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2018 All Rights Reserved.