元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

ランドセルが重すぎる? 〜子どもの荷物を軽くする方法〜

2018/05/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

ランドセルが重すぎる? 〜子どもの荷物を軽くする方法〜

ランドセルが重すぎる?

教科書重く 置き勉なぜ禁止」と言うニュースが最近流れています。

 

私自身、教員時代に荷物が多いことによる弊害はかなりあると思っていました。

 

特に低学年は、教科書を詰めて金曜日に体操着、給食の白衣をもって帰ると大変なことになります。

高学年であっても子どもによっては大変です。

 

今回は、私が行っていた子どもの荷物を軽くする方法を紹介します(^ ^)

各学校で決まっているとは思いますが、参考になれば幸いです。

 

 

荷物を軽くする方法

 

◆使用頻度の少ない教科書は集めてしまう

国語、算数は毎日あり、宿題をやるために持って帰ることも多いです。

しかし、それ以外の教科は毎日あるわけではなく、年間で数回しか使わない副教材もあります。

 

1日6時間で6教科分の教科書とノートとなると重さは相当なものです。

なので、私は基本的に使用頻度が少ない教科書は、授業後に集めて空いてるロッカーに保管していました。

 

道徳、図工、体育、音楽、保健、資料集、家庭科、そのほか副教材など、授業が終われば、班長さんが集めてロッカーに入れる。

授業の時は、5分休み中にロッカーから出して配る。

 

こうしておけば、教科書を忘れる子もでず毎回授業がスムーズに進みます。

 

いわゆる置き勉になりますが、子どもの机ではなく、先生の机の近くのロッカーなので管理体制はバッチリ。

放課後は教室に鍵を閉めるので安全です。

 

 

◆週末はノートとドリルは回収

週末は、給食当番の白衣、体操着、上履きなど持ち帰るものが増えます。

 

その分、国語算数のドリルや国語算数理科社会のノートは机に提出させてました。

子どもの負担は減りますし、授業中に確認仕切れなかったノート評価やドリルの直しも採点します。

 

こちらも、放課後になれば教室には鍵をかけるので安心です。

 

 

◆使わなかったらでもち帰らない

一週間、雨が続いて体育がなかった場合は、体操着は未使用です。

なので金曜に持ち帰ることなく、教室のロッカーに入れさせます。

あとは鍵を閉めればわざわざ持ち帰る必要はなくなります。

 

◆終わった道具はすぐに持ち帰らせる

授業で使った道具、創った作品はすぐ持ち帰らせます。

「慌てなくても」と思うかもしれませんが、夏休みなどの長期休暇には一度持ち物は全て持ち帰ります。

その時、計画的に持ち帰っていないと、子どもは荷物を引きずりながら帰ることになります。

 

過去に諦めて道端に捨てていった子もいるので、教師の側で計画的に持ち帰るよう声をかけるのは大事です。

 

終わりに

 

子どもが大量の荷物で苦労するのは、教師の側から見てもかわいそうだと思います。

なるべく、教師の側で配慮してあげましょう。

 

「少しぐらい重くても、頑張らせればいいんだよ!」という方は多いですが、クラスの中で一人でも体を壊してしまえば、体罰になる可能性もあります。

また、先生が保護者に電話をして取りに来てもらうことになるかもしれません。

これは余計な仕事を増やしてしまうことになります。

 

「我慢を覚えることも大事」とよく言いますが、「辛いことを無理に我慢することを覚えよ」という意味ではありません。

まずは子どもの体と心を大事にしていきましょう(^ ^)

 

 

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキング

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. 中島 より:

    学校に教科書を置くかどうかよりも、1冊の厚い教科書を単元ごとに分けて分離しやすくしたらいいと思います。私はその日授業で使う単元だけ持っていきました。授業で使う部分って1冊のうちほんの数ぺーじですからね。私はカッターで分断してましたが教科書作成時に数冊に分けた形で作成できればなおいいですね。

    • 元小学校教師ともはる より:

      たしかに教科書のサイズが小さくなると楽ですよね(^ ^)
      カッターで分断とはすごい(笑)

      二十年ほど前は、教科書も一回り小さかったので、持ち運びもいまよりは楽でしたよね。

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.