元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

レジリエンス:困難に負けない人間にするために

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

レジリエンス:困難に負けない人間にするために

レジリエンス

 

変化の激しい時代だからこそ、困難があっても、すぐに立ち直り挑戦していく力が重要になります。

 

  • 勝負で負けて凹むのではなく、すぐに次の勝負に向けて行動する。
  • 口の強い人のいいなりにならず、自分で考えて行動する。
  • 迷ってオロオロするのではなく、ズバッと決めて行動する。

 

そんな強くたくましい人になってほしいと思いを込めて、教員時代レジリエンスを鍛える指導方法を思考錯誤していました。

 

そんな実践を紹介します。

 

①趣意説明

基本ですが、「諦めない精神」「すぐに立ち直ることの大切さ」などの趣意説明を繰り返し伝えました。

 

多少のことでブレないメンタルを持つメリットがわかると、徐々に行動にもあらわれてきます。

②負ける経験を積む

空いた時間や、授業の間で子供の集中力が切れそうな時に、短時間でできるミニゲームをして、何度も負ける経験を積みます。

 

負けてもすぐに次のゲームを始めることで、落ち込む前にゲームに集中させます。これを何度も繰り返すことで、「負けてもすぐ次がある」と考えて行動するようになります。

 

ミニゲームは色々あるのですが「ラッキー5」「後出しじゃんけん」というゲームは結構何度もでき良かったです。

 

ラッキー5

ルールは「じゃんけんぽん」の掛け声で、指を1〜5本の間で好きな数を出します。自分と相手の指の合計が5になったら上がりです。

5で揃うまで、何度も繰り返し「じゃんけんぽん、じゃんけんぽん、じゃんけんぽん・・・」とやり続けます(*^▽^*)

揃わなくて嫌になりそうな時でも、終わった周りの子が「頑張れ!」と応援を始めるので、諦めず最後までやります。

失敗してもすぐにやり直す経験を何度も行うことで、「レジリエンス」を鍛えます。

 

後出しじゃんけん

 

「じゃんけんポン、ポン」ののリズムで行います。

先生「じゃんけんポン」

子「ポン」←先生が出した手を見て負ける手を出す

というシンプルかつ有名なゲームです。

 

これは、相手を見て判断し、いつもとは違って負ける手を出すという、意外と複雑な思考が必要になるので、思考力と抑制機能も鍛えられます。

これも、負けて「んー!」と子どもが怒ってもすぐ次のゲームを始めることで思考を切り替えさせ、頭の切り替えの力を鍛えます。

 

③すぐに取り組む子をほめる

「やるしかない」とわかっていても、ダラダラすることがあります。早く切り替えて次に取り組む子をとにかくほめます。

もちろん理由もしっかり伝えます。

 

④決断する練習

決められなくて止まることがないように、すぐに決める練習をします。

困難に対して「何もしない」という時間は必要ありません。

困難や壁があれば、まず「立ち向かう」と決めてしまうことが大事です。
そこから、どう立ち向かうのかを考える必要があります。

 

例)お母さんから晩御飯何が良い?と聞かれたら

 

「『お母さんから晩御飯何が良い?』と聞かれたらなんと答えますか?10秒で答えなさい」

など、「なんでも良い」という状態で、すぐにパッと決める練習です(^ ^)

 

 

 

終わりに

 

担任時代に上記のような指導していました

 

その成果なのかはわかりませんが、私のクラスは最初はおとなしかった子が、やたら活発になるという現象が起きていました。

例えば、4月は隣を通った男子が少しかすっただけで、「先生〜ぶつけられた、ひどい、もうやだ・・・」と凹んでしまう、豆腐のようなメンタルの子がいました。

しかし、2ヶ月の間に「また男子がぶつかった!もうやだ!やり返してやる!ウォォォ!」と言って男子に説教をして、笑顔で帰って来るようになりました(^_^;)

 

賛否両論のような成長をしていたクラスでしたが、とりあえずたくましい女の子には成長していました(笑)

 

 

 

 

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

小学校教育 ブログランキングへ

 

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.