元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

【書評】教師仕事の効率を高める「0秒思考」著:赤羽雄二

2018/06/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

【書評】教師仕事の効率を高める「0秒思考」 著:赤羽雄二

教師の多忙化

 

  • 授業準備
  • 子どものトラブル
  • 保護者対応
  • 部活動
  • 研修
  • 運動会などの行事

など、教師の多忙化が問題になっています。

 

教師が疲れ、学級経営の質が低下し、クラスの雰囲気が悪化し、トラブルが起き、

そして先生の仕事が増える・・・という無限ループを避けるために仕事の効率化を進める必要があります。

無駄な仕事を減らすことが一番大切ですが、学校という組織の仕事は急には変えられません。

 

すぐできることは「個の仕事のスピードをあげる」ことです。

 

「0秒思考」 著:赤羽雄二

まだ仕事が遅かったころ仕事術の本を読み漁りました。

 

しかし、読んでも仕事のスピードが上がることはありませんでした。

原因は「難しくて応用できない!」という、私の頭の悪さです(笑)

 

そんな私は諦めの悪さもあったので、探し続けてたどり着いたのがこの本です。

とりえず「マッキンゼー」や「元コンサル」という言葉から「また難しいこと書いてあるんだろうな」と思いながら読みました。すると書いてあるのは「A4の紙に1分で思いついたことを書く」というシンプルな方法でした。

 

「できる!」と思えば人間動けるもので、一週間ほど取り組むと仕事が捗る印象があったので続けてみました。

 

1年続けた結果、それまで夜20〜22時に帰宅していた私は18時〜19時の間には帰れるようになり、週に1回は定時退勤できるようになりました。

(本当は残業0でなければいけないのですが、それでも私の感覚だと18時台帰宅は悪くないと思います。このあたりは個人の感覚にお任せします。)

 

感想

「0秒思考」は仕事のやり方ではなく、人の思考力・発想力を高めるトレーニング本です。

「仕事に使いながらトレーニングできる」という感じです。

 

教師の仕事は、

  • 日々の授業
  • 学級運営
  • 運動会などの行事
  • 成績表

などアイデア次第ですぐ解決できる仕事が多いです。

なので「0秒思考」で日々思考力、発想力を高めると「こうしよう!」と即アイデアが浮かぶので、徐々に仕事が早くなっていきます。

今の放課後デイサービスでも同じように生かすことが出来ています。

 

なお私のブログ記事もこの方法を使って書いています。

テーマと内容が数分で決まるので、書く時間は毎回30分〜1時間ほどです。

 

もし、今の働き方で悩んでいる方がいればオススメです(^ ^)

  • 第1章 「考える」ためのヒント
  • 第2章 人はゼロ秒で考えられる
  • 第3章 ゼロ秒思考をつくるメモの書き方
  • 第4章 メモを使いつくす
  • 第5章 メモの整理・活用法

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.