ともはる先生@放デイ職員×小学校教師の実践まとめサイトです!

【質問箱】順番が守れない子がいて困っています

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

質問

 

回答

「順番が守れない子」の質問です。

 

支援児の1年生の実態がわからないので基本的な話になりますが、

「5分交代なのに、交代できない」

ということは「切り替えが苦手な子」への対応と同じになると思います。

 

アプローチとしては、

  1. 子どもの切り替える力を鍛える
  2. 遊びのルールを変える(環境を変える)

という個人・環境の2つのアプローチが基本になります。

 

具体的な方法としては私の思いつきを以下に書いてみます。

①子どもの切り替える力を鍛える

まず、5分と言う時間で切り替えるにはハードルが高い子のように感じます。

自分の中で「ここまでやりたい」と言う気持ちがあるのに、その途中で「時間だから切り替えます」では「まだ終わってないよ!」という気持ちになるので切り替えは難しいでしょう。

 

例えば、三輪車にのって『5分ぴったりで降りたら成功』と言うゲームをやって、『時間で降りる』と言う経験を積むのも良いと思います。

 

他には、三輪車を使って友達複数人とリレーをしてみると、三輪車を友達と交換する、と言う経験を積み重ねれば、抵抗なく次の子に渡せるようになるかもしれません。

 

また過程の話にはなりますが、「ルールによって遊びを中断する」と言うのは2歳半ばぐらいの段階です。

そこができないと言う事は、発達段階的に

  • 「自分の要求が言えない」
  • 「『ごめんね』が言えない」
  • 「『待って』と言われてしばらく我慢ができる」

などの特徴がある可能性があります。(あくまで発達段階からの予想です。)

 

なので、言葉で声をかけても「交代」の意味が伝わってない可能性があります。

よって、視覚的に交代を知らせるイラストカードを使ってみせるなどの視覚支援が効果があるかもしれません。

 

②遊びのルールを変える

遊びのルールを「三輪車に座って教室を1週したら交代」というルールであれば始まりと終わりが明確なので、切り替えやすいです。

 

あるいは順番を操作して必ず最後にのるようにすれば、次の子を気にする事はなくなるでしょう。

 

同様に、その子が一人の時間は、学習が終わったら乗っていい、などの別個のルールを用意するのもトラブルの原因がなくなりますので、その間に切り替える練習をして、再度挑戦させる方法もありかと思います。

 

終わりに

基礎的なことや推測が多いので参考にしかなりませんが、お役に立てれば幸いです(^ ^)

 

 

======================================

※縁あって本を出させていただきました(^ ^)

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2019 All Rights Reserved.