元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

【書評】教員志望の人や若手の先生に一番オススメの本「『気になる子』のいるクラスがまとまる方法」赤坂真二

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

【書評】教員志望の人や若手の先生に一番オススメの本

「『気になる子』のいるクラスがまとまる方法」赤坂真二

上越教育大学の赤坂真二先生といえば、「クラス会議」を始めとする学級経営のプロとして大人気の先生です。

私も何度か講演を聞かせていただきました。

  • 教育に関する明確なビジョン
  • プレゼンテーション能力の高さ
  • 教育に対する熱量

どれを取っても、超一流の先生だと実感するので、大人気なのも頷けます。

 

そんな赤坂先生の著書とは全く知らず、数年前に本屋で見つけた本です(笑)

 

第一印象

表紙を見た印象は

「『マンガでわかる系』の本ってなんだかんだ頭に入るから良いんだよね〜」

でした。

 

読んだ後は、

「初任の時に読んでおけばよかった!」

と、めちゃくちゃ思いました(笑)

 

目次

Chapter1 「気になる子」のせいでクラスが大変に!

Chapter2 この指導で「気になる子」がみるみる変わる!

Chapter3 この指導でクラス全員がみるみる変わる!

 

印象に残った言葉

◆当たり前のことは子どもたちの小さながんばり

大人は子どもを見る時に、つい自分と同じようにできる存在だと思ってしまいます。

しかし、彼らにとってはどんなことでも初めてのことであり、不安なことです。

 

一見当たり前に見える子どもたちの行動は、1から必死に覚えた小さながんばりの結晶なのです。

 

教師は「小さながんばり」を見つけて輝かせることで、子どもたちはもっと成長します。

そして、子どもたちも「小さながんばり」見つけてくれる先生を、もっと信用してくれるようになるはずです。

 

◆みんなパートタイムの問題児

24時間問題を起こす問題児なんていない。

みんなパートタイムの問題児なんだ。

(本書抜粋)

 

問題児と呼ばれる子は、常に問題行動を起こしているわけではありません。

  • 廊下を歩く
  • 筆記用具を持ってくる
  • 学校に来ている

という当たり前の行動をしている時間があるはずです。

 

その子が褒められないのは、先生が見ていないだけなのです。

子どもを変えるのではなく、まず先生から変わりましょう。

 

きっと、子どもたちが輝き始めるはずです。

 

◆最強の支援者

担任の先生は1人が基本です。

 

だから先生はなんでもやろうとします。

子どもの問題を抱えます。

解決に必死になります。

 

しかし先生だって一人の人間。

解決できない問題はあるのです。

 

そんなとき、冷静になって考えてみましょう。

最も力のある「支援者」が見えるはずです。

 

ちなみにその「支援者」とは・・・(^ ^)

 

終わりに

本書は「教師のあり方」について、わかりやすく教えてくれます。

 

また授業の進め方や具体的な声かけなど、学級運営に役立つ知識が紹介されているので、日々の実践に生かしやすいところもオススメのポイントです。

 

最初に「初任の時に読んでおけばよかった」と言いましたが、何年立って読んでもこの本は新たな気づきを与えてくれます。

なので初心に戻りたい先生方、子育て中の方、教育業界の方にもオススメです(^ ^)

 

以上参考になれば幸いです。

 

マンガではなく書籍でしっかり読みたい方は

 

 

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

小学校教育 ブログランキングへ

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.