ともはる先生@放デイ職員×小学校教師の実践まとめサイトです!

作文指導:始めてしまえば一気にできる

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

作文の書き出し

「始めの一歩が出ない」ということがあります。

やり始めれば進むけど、最初が納得いかなくて、悩んで止まってしまう。子供に限らず、どんな人でも体験することだと思います。

 

人は一度始めれば、「次どうしよう?」と進むことを考えますが、動いてない時は「だるい」「まだいいかな」とやらない理由を探してしまいます。

 

なので、作文や作品を作る時は、

最初の一手を指導する

と、子供の手が進むようになります。

 

◆最初の一文

例)絵から物語を書く

 

最初に、絵から
  • 設定(人・時・場)
  • 構成(起承転結)
を考えてから、物語を書きます。
しかし、そのまま書き始めると「何を書けばいいの?」と止まる子がでます。

 

 

思いついたことを書くのとは違い、書き始める時は選択肢が多いので、判断力の低い子は迷って止まるからです。

 

なので、作文指導として「最初の一文を考える」という授業をしました。

 

 

子供に設定を確認させ「では、物語の最初の一文だけ書いて見ましょう」と言って書かせました。

 

何を書いても、何個書いてもいいです。

その中からいいと思うものを発表させます。

だいたい「僕は〜」「冬休みに〜」など、同じような一文になります。

しかし、何個も書かせると、次第に工夫をした書き出しをする子が出ます。

 

それらの子の一文を黒板に書かせます。そして、なぜ上手なのかポイントをまとめます。

 

  • セリフから書く
  • 動きのあるシーンから書く
  • 心が動いたところから書く

 

ポイントをまとめてから再度書かせました。

 

  • 「なんか面白いことないかな〜」と、◯◯は言った。
  • 「キラッ!」なにかが川の上の方で光っているのが見えた。
  • 「ジリリリッ」と目覚ましの音が聞こえる。
  • ◯◯は走っていた。

 

こんな感じになりました。最初と見比べると、どの子も工夫をした後が見えるので、自分の文章に納得します。

 

そして、次の授業でこの最初の一文を使って下書きを書きました。

 

すでに最初の一文はあるので、当然迷うことなく、書き始められます。

作文が苦手な子も、最初のハードルがクリアできているので、比較的スムーズに書いてくれました。

 

終わりに

最初の一文に絞って作文指導をすると、文章の工夫を学べますし、同時に作文スタートのハードルがなくなるので、非常に書きやすくなります。

参考になれば幸いです(^ ^)

 

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2019 All Rights Reserved.