元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

騒ぐ子どもを静かにさせるには?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

騒ぐ子どもを静かにさせるには?

元気なのはいいけど

子どもは元気です(⌒▽⌒)

とてもいいことですが、時と場所は選べるようになりたいものです。

 

授業が始まっても静かに話を聞けない。列にならぶとおしゃべりを始める。

最後には「静かにしろ!」と怒鳴って、クラスの雰囲気が悪化する。

子どもは一瞬、静かになってもすぐ戻る。

 

こんな光景が、子どもに関わる現場ではどこでも見られるのではないでしょうか?

さあ、みなさんならどうしますか?(⌒▽⌒)

 

3つの対応

私の場合は、子どもたちの様子や性格によって対応は変わりますが、基本的には

1、動かして静かにさせる

2、考えさせて静かにさせる

3、言葉を変える

この3つを使うようにしています。

 

①動かして静かにさせる

授業開始時、

「時間を守って席について準備をしていた人は手を挙げます!」

→話している子も、周りが手を挙げ始めるので、慌てておしゃべりをやめて前を見ます。全員が前を向いたら「時間を守れて素晴らしいですね。」と言って始めます。

 

②考えさせて静かにさせる

「この問題がわかる人」

→ヤンチャな子が元気に「ハイハイ!」と騒ぎます。

→「静かな人に当てます」

→シーン・・・

 

③言葉を変える

移動するので列になって並びますが、おしゃべりが始まります。

「静かにします!」と言っても子どもは動きません。

指示が通りにくい子どもがいるクラスの場合は、「静かにしてください」という言葉を結果的に子どもが静かになる言葉に変えます。

 

私のクラスは、

先生「抜き足、差し足?」

子ども「忍び足!」

先生「移動の時は?」

子ども「忍者で行こう!」

 

という言葉ですぐに静かになります。最初に子どもと静かになる合図を決めておきます。

子どものおしゃべりが止まないのは、一人ひとりの意識がバラバラだからです。

活動をしたり、「忍者で移動する」など目的を与えて、意識を統一すれば静かになりやすいです。

 

終わりに

マナーやルールは教えなければ覚えません。

しかし、騒いでいるときに大声で注意しても、「叱られた」という思い出しか残りません。

 

それよりも一度静かにさせてから声をかけた方が、子どもの頭に入ります。

ついつい思い通りにいかず、怒ってしまうこともありますが、まずは怒らずに静かにさせる方法を考えて見ましょう(⌒▽⌒)

 

子どもは急には変わりません。怒ってもその場は言うことを聞きますが、すぐに戻ります。

「怒られるから」動く子は、怒らない人の前ではすぐに戻ります。

 

どんな時でもマナーを守れる人に育てるには、怒らず子どもの心に伝わる手立てを考えましょう!

 

 

 

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.