ともはる先生@放デイ職員×元小学校教師の実践まとめサイトです!

姿勢の悪い子へどう声をかける?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

健康の基本

猫背、体がまっすぐ向かない、足を投げ出すなど、姿勢の悪い子がいます。

姿勢は健康の基本なので必ず指導します。

 

「姿勢を正します」と言って、できる子はできますが、一部できない子もいます

 

なので、「足、膝、背中」と短く合言葉のように意識するポイントを伝えています。

 

  • 足 = 足裏を地面につける。
  • 膝 = 膝を前に向ける。
  • 背中 = 背筋を伸ばす。

 

とりあえずこの3点ができれば良い姿勢になります。子供が姿勢を覚えるまでは、この指示を続けます。

 

そして、もうひと工夫として、「背中を椅子の背もたれに一度つける」という指導も入れています。

「背もたれから背中を少し離して座る」のが良いとされていますが、子供の中には「背中をまっすぐ伸ばす」という感覚がわからない子がいます。

 

なので一度背もたれにしっかり背中をつけさせ、その上で

「今、背もたれに背中がぴったりついていますね。これが背筋がまっすぐ伸びている状態です。」

と教えます。

 

こうすると背筋を伸ばした正しい姿勢がわかるので、低学年などは何度も繰り返し、指導して姿勢を教えます。

 

終わりに

姿勢がいいと健康になり、健康なら学習効果も上がります。

基本を大事に教育をしていきます(^ ^)

 

 

※縁あって本を出させていただきました(^ ^)

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2019 All Rights Reserved.