ともはる先生@放デイ職員×元小学校教師の実践まとめサイトです!

【質問箱】仕事を効率を上げて休み時間の子どもとの交流を増やすには?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

質問

 

回答

初任の方は仕事に慣れるまでは大変ですよね(^_^;)

 

例えば、

計算ドリルは授業中に行って、お隣と交換して丸付けをする、というシステムなら先生が丸をつける時間は無くなります。

あるいは、教卓にドリルの答えを置いておき、解き終わった子は前に来て答えを自己採点する。(+満点なら、名簿にチェックして、そのまま教卓のカゴに出す)というシステムにすれば、先生は配慮が必要な子について、子どもたちだけで学習が進みます。

 

 

音読カードは、おそらく合格ハンコで終わりだと思うので、チェック係をつくって子どもに任せてみてはどうでしょう?

あるいは、朝提出しにきた子のカードを見て確認できたら、その場でハンコを押して返す

というその場で処理する方法もあります。

 

連絡帳の点検とお返事は・・・朝のうちに優先して頑張るしかないですね^^;

 

プリントの丸付けなどは、私は基本授業中に終わらせていました。

例えば、授業の振り返りプリントや確認問題のプリントであれば、

「終わった人は先生にもってくる→先生はその場で丸付けと返却(&名簿に評価)」

とすれば、授業中に終わります。(無理でも5分休みの間には終わります。)

 

低学年なので、要支援の子などがいる場合は、

「班で全員書けたらもってくる」

というルールにして、子ども同士で教え合いながらプリントを書いて、持ってくるようにするのも良いと思います。(要支援の子でも教え合いならだと結構できますが、それでも無理なら先生が介入します。)

 

 

上記のように授業中にいかに事務仕事分も終わらせるか?と考えて自分なりに工夫してみてください。

あとは、授業を40分で終わるよう計画し、残り5分でプリントの処理、成績チェックの時間としてもいいと思います。

(以下の記事も参考にしていただければと思います。)以上です!

授業中で完結する4つの評価の仕方

以上です。参考になれば幸いです(^ ^)

 

 

=========================

※縁あって本を出させていただきました(^ ^)

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2019 All Rights Reserved.