元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

【特別支援・療育】みんなで遊びながら社会性を身に付ける「じゃんけんサッカー」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

【特別支援・療育】みんなで遊びながら社会性を身に付ける「じゃんけんサッカー」

ミニゲーム

友達と複数人で遊ぶミニゲームは、気軽に実践できて、

  • ルールを守る
  • 順番を待つ
  • 勝っても負けても楽しむ

などの社会性を鍛える良い機会になります。

色々な遊びがありますが、今回は「じゃんけんサッカー」を紹介します(^ ^)

 

じゃんけんサッカー

最近、身近で流行っているゲームです

6人以上いれば実施でき、全員楽しめるのでオススメです。

 

 

攻めと守りに分かれて並ぶ

 

同じ数になるように分かれます。

 

  • 攻めチームは1列にならぶ
  • 守りチームは3列になるようにならぶ。
  • それぞれの列の真ん中の人が守ってジャンケンをする人です

 

子どもの人数によって、

ここは調節してください!(^^)!

 

じゃんけんをする(負けたら)

攻めチームの一番前の人が守りチームの1列目の真ん中の人からじゃんけんをしていく(負けたら、列の1番後ろに戻る)

 

攻めチームの人はじゃんけんに勝ったら、1列進んで2列目、3列目の守りの人とジャンケンをする

 

 

3列目の人にジャンケンで勝ったら、勝った人はゴールにシュートをする(1点)

 

シュートをしたら、全員元の位置に戻る。

(守りの人は、ジャンケンする人を変えて並ぶ)

 

 

勝敗

  • 攻守交代して1回ずつ行う。
  • 制限時間内に、何点とれるか勝負する。
  • 5~10分程度で行うが人数によって時間は調整する

 

 

療育効果

順番を守る

攻めチームは、じゃんけんをしないときは、列に並んで待っています。

待っている間も、どんどん進みますし、仲間が点を取ると「イェーィ!」と喜びます。

 

勝った時の経験、負けた時の経験

事前に、「勝っても過度に喜んでしまうと相手が嫌な気持ちになる。」

ということを指導した上で行うと、相手の気持ちを考慮した喜び方を学びます。

また、「ゲームは勝つためではなく楽しむために行う」という指導もしておくと、負けても「楽しかったね〜」と負けを上手に受け入れる経験を積めます。

 

終わりに

短時間で手軽にできるミニゲームは、いくつ知っていても便利なものです。

引き出しをたくさんもっていたいものですね(^ ^)

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.