元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

レジリエンスを高める大らか教育 ⑵受け入れ言葉

2018/04/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

「大らか教育」を取り組み行った実践と、わかったことのまとめの続きです。

大らかさを身に付ける3種類の言葉

⑴切り替え言葉

⑵受け入れ言葉

⑶肯定言葉

 

今回は、⑵の受け入れ言葉の実践とまとめの紹介です(^ ^)

⑵受け入れ言葉

・なんとかなる

私の大らかさの定義に

「楽しくチャレンジできる楽観性」

があります。

何か行動を起こそうとしても、

  • 「失敗したらどうしよう」
  • 「笑われるかもしれない」

と考えて、行動に移せないことがあります。

そんな時に、あれこれ考えるのではなく「なんとかなる!」と考えて、まず笑顔で楽しく挑戦することを促すための言葉です。

実際、子どもたちが思うほど、行動する子の評価は下がりません。

むしろ、自分で動く子ほど、面白く思って人はよってくるものです。

挑戦し面白さを知り、人と繋がる経験を重ねれば、子供は挑戦を覚えていきます。

その第一歩の言葉が「なんとかなる!」です(^ ^)

ではどう教えるのか?と言えば、

先生自身が日頃から「なんとかなる」と言って行動するのが基本です。

また

「私生活で挑戦したことを子供に話す」

ということもしました。

また、学校でも困った時に「なんとかなる」と言って行動します。

大きなことでなくても、小さなピンチで良いのです。

パソコンが動かない時は、「なんとかなる!」と言って、パソコンに詳しい先生にヘルプをお願いします。

お楽しみ会で体育館が使いたいときは、「なんとかなる!」と言って体育部の先生にお願いしにいきます。

授業で子供がわからないことがあって辞書にも書いてない時は、「なんとかなる!」と言って、パソコン教室にみんなで行きます。

このように使っていたら、今度は子供にも声をかけてみます。

「学級新聞で校長先生にインタビューしたいけど怖い」

と言う子には

「なんとかなるよ(^ ^)」

と笑顔で送り出します(笑)

(インタビューの基本は指導します)

「どうしよう」と不安がっている子には、できそうなら「なんとかなるよ!」と背中を押します。

もしできなくても、次の策を考えさせて

「こうすれば、なんとかなるね!」

と改良させて、再度トライさせます。

(もちろん最後にはできる活動が前提です)

そんなことを繰り返していると、自然に子供たちは、

わからないことは、まず「なんとかなる」と言って動き出します。

ダメでも「じゃあこうしよう」と言って再度トライするようになります。

挑戦する楽しさを知れば、止まって考えるより、行動して考えるようになります。

これが私が考える「楽しくチャレンジできる楽観性」をもった大らかな子供の姿です(^ ^)

この成長のための最初の一歩が「なんとかなる」です。

以上です!

次のブログは⑶肯定言葉です(^ ^)

 

 

小学校教育 ブログランキングへ

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.