ともはる先生@放デイ職員×小学校教師の実践まとめサイトです!

授業中、立ち歩いてしまう子にどうする? 〜一斉授業の中で困難を抱えた子に対応するには〜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

よくある悩み

「授業中に立ち歩いてしまう子にどうすればいいですか?」

という質問を先生からよくいただきます。

 

授業は先生方の本業であり、学校教育の根幹です。

しかし、授業中に立ち歩かれると、予定が狂い時間がなくなるので、やめてほしい行為です。

 

一体どうすればいいのでしょうか?

 

前提の考え方

前提として、「授業を優先する」ということがあげられます。

授業は教室の子どもたち全員を育てるために行われるので、一人の対応に追われて授業が潰れてしまうと、子どもたち全体が損失を受けてしまいます。

立ち歩いてしまう子のために授業を潰す、ということはしては行けません。

 

つまり、「授業中立ち歩く子への対応」を考える時は「授業は成立させる」という前提を崩してはいけません。

この2つを満たして対応を考えることが重要です。

 

◆予防する

 

では実際の対応の話ですが、まずは「予防する」という対応が前提です。

 

「授業中に立ち歩く」というのはその子の行動です。

しかし、本来はその前に「立ち歩く原因」があります。

「立ち歩く子」だとわかっているのであれば、その原因を考えて事前に対策を考え、予防することが大事です。

 

例えば、

  • どうしても動きたくなる子には「動きたくなったら教室を一周して席に着く」と約束をしておく
  • 「隣の子がうるさい」という理由があるなら、席を替える
  • 廊下の様子が気になってしまうなら、扉は閉めておく
  • 「先生の話が長いのが嫌」なのであれば、話のテンポを上げる練習をしておく

というように、立ち歩いてしまう原因を取り除く準備が必要です。

 

他にも、「立ち歩いてしまう子」とわかっているので、授業中に立ち歩く場面をつくり、「先に歩かせてしまう」という手もあります。

  • 歴史の授業で、「好きな出来事とその理由を決めたら、先生に言いに来てください。」
  • 算数の授業で、「教室の前で三の段、後ろで四の段を唱えて、席に戻ります。」
  • 理科の授業で、「夏の大三角形の3つの星を覚えたら、教室の後ろに集合」

など、立ち歩く前に立ち歩かせることで、そもそも授業妨害にならない展開にするという手もあります。

 

このような予防が大切であり、授業中に原因がわからず立ち歩かれたら、その時点で教師の負けなのです。

 

◆全体を優先する

 

そうは言っても、実際原因がわからず、立ち歩かれて対応せざる負えない時もあります。

しかし、授業は成立させなければいけませんので、基本的な対応は知っておくことが大事です。

 

これは、「全体指示を出してから、立ち歩く子に対応する」という流れが基本です。

 

例えば、突然子どもが授業中に立ち歩いた時は、「教科書25ページを声に出して読みます」と全体に指示をして子どもたちが活動をしている間に、立ち歩いた子の元へ行って対応します。

ただし、その子にリスクがある時は例外です。

(過去に、突然ベランダに飛び出した子がいたので、その時は真っ先に私もベランダに飛び出して捕まえました。)

 

終わりに

授業を妨害する子の存在は先生にとって厄介です。「問題児」とレッテルを貼りたくなるかもしれません。

しかし、自分から悪者になりたい子など一人もいません。

一番困っているのはその子自身なのです。

 

子どもの思いに寄り添いながら、楽しく授業を展開できるよう日々工夫していきましょう(^ ^)

以上です!

 

 

=====================

発達障害の基礎知識と、発達障害を抱える子たちを育てるための、具体的な子どもの支援・対応を学ぶ研修会を開催しています(^ ^)

 

◆第1回発達支援研修会 〜発達障害の支援理論と具体的対応〜 【一般社団法人こども発達支援研究会】

(記事では書ききれなかった、一斉授業での特性別の対応や考え方を紹介します)

発達障害の基礎知識と、個別対応、集団指導中の対応がテーマの会です(^ ^)

8月4日(日:渋谷)→申し込みページへ移動

 

◆第2回UMETAS発達障害研修 〜自閉症児の基礎知識と具体的対応〜

自閉症について学ぶ会です(^ ^)

7月7日(日:横浜)開催

7月16日(火:渋谷)開催

7月17日(水:渋谷)開催

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© TEACHER'S JOB , 2019 All Rights Reserved.