元小学校教師ともはるの実践まとめサイトです!

5月16日 子どもに話す時は短くゆっくり

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

子どもに話す時は短くゆっくり

言葉が伝わらない

 

低学年を担任してみて思うことは、言葉が長くなるほど子どもに伝わらない、ということです。

悲しいくらい、話の長い校長先生の話を覚えていません(^_^;)

 

先生の間では、指示は15秒以内と言われたりしますが、感覚的には10秒でも聞けない子がでます。

だからと言って早口で話すと、これも伝わらない子がでます笑

 

そもそも45分間集中力して授業を受けることも難しい子たちです。

なので今意識していることは、

話すときは「短く」て「シンプル」に「ゆっくり」話す

です。

 

例えば、

3つ伝えます。

1つ目は〜。2つ目は〜。3つ目は〜です。

よく聞くフレーズですが、こう話すだけでも伝わり方が違うと感じます。

 

余計なことは言わないで、大事なことだけ絞り込む。

毎日(というか、教師になってからずっと)意識してますが、難しいです^^;

昔よりはできてると思うので、成長してると信じましょう!日々の努力が大切ですね(^^)

 

 

 

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキング

スポンサードリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは(^ ^) 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!
詳しいプロフィールはこちら

コメントよろしくお願いします(^ ^)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© 小学校の先生のお仕事 , 2018 All Rights Reserved.